【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

海外挙式の費用は挙式費用+ハネムーン費用

挙式料に含まれるのは一般的には、会場使用料、司祭者や音楽奏者などヘの謝礼、会場までの送迎、結婚証明書など。このほか、ブーケ、ブートニアやヘアメイク、着付け、写真(2~3点程度)が含まれることも多いようです。ただし、ブーケやヘアメイク、写真などはグレードアップする場合が多く、そうなると別途費用がかかってきます。

そうした費用を見て見ますと、ヘアメイク・着付けの料金が3~4万円、写真・ビデオの費用合計20万円。また、衣裳については基本的には別途用意しなければならず、その費用が平均で25万円~30万円程度(新郎新婦ふたり分)となっています。なお、これらの費用は渡航先によって左右されることはありません。

以上を考えあわせると、たとえばハワイでの海外挙式だとふたりで行って140万円前後がかかっています。

海外挙式は国内挙式よりも本当に安いのか

国内披露宴の場合、その費用は全国平均で280万円。海外挙式がハネムーンも兼ねていることを考慮に入れれば、国内披露宴の費用にハネムーンの費用50万円程度を加算した金額で比較することになり、そうなれば海外挙式のほうが断然安いといえるでしょう。

ただし、単純にそうとも言いきれない部分もあります。まずひとつ上げられるのはご祝儀の問題。国内披露宴の場合はご祝儀をいただけますので、それで披露宴の費用をある程度まかなうことできます。

一方、海外挙式の場合は、多方面からご祝儀をいただくのはちょっと難しくなるでしょう。もちろん、親戚や親しい人たちからは結婚のお祝いをいただくことになると思いますが、お返しをしなくてはならず、いただいたものをすべて自分たちの懐に入れるわけにはいきません。

また、当初は海外挙式オンリーでと考えている場合でも、親やまわりの意向などで帰国後に披露パーティを開催するケースがあります。国内での披露パーティの費用の平均額は140万円。とはいえ、パーティ形式にすればご祝儀もいただけますし、会費制にするケースも多いようですから、パーティ費用のすべてを負担することになるわけではありません。ですが、やはりある程度は費用がかかってくることになります。

こうして見ると、海外挙式が国内披露宴と比べて圧倒的に費用が安く済む、とは断定できないといえるでしょう。