「癖がある」「臭い」「強い」「飲みにくい」と思われていた芋焼酎だが、本格焼酎ブームにのって、さまざまなタイプが造られるようになった。見極めはなかなか難しいが、原料やブランド名や地域などの違いではない、「香りや味わいの個性」の違いで分類した【焼酎の4タイプ】がある。まさに、飲み手に必要だったカテゴリー分けがこれだ。

分類とその特徴は、以下の通り。

1、フレーヴァータイプ
オレンジなどの柑橘フレーヴァーやスイートポテトなどスイーツのような「華やかで甘酸っぱい香り」がキーワード。味わいは軽快ですがすがしい飲み口。芋焼酎ブームを牽引したジャンル。減圧蒸留にしたり、ジョイホワイトを使用したり、華やかな香気を生成する酵母を使用したものがこのタイプとなる。香りが引き立つグラスを使用したりやオンザロックがいい。

2、ライトタイプ
もっとも軽快でなめらかな風味。「すっきり感」がキーワード。芋初心者の方におすすめ。一杯目、淡白な料理と一緒に。減圧蒸留が多い。九州以外の産地ではこのタイプが主となる。

3、リッチタイプ
芋焼酎の中ではもっともスタンダード。蒸した芋、干し芋などの香味を持つ味わい深いタイプ。「コク」がキーワード。黄金千貫、白麹を使用したもの。とくに九州地域の伝統製法で造られたものに多く、各地域の飲酒文化を反映させた楽しみ方が基本。芋焼酎の醍醐味を味わえるカテゴリー。

4、リッチ&キャラクタータイプ
もっとも重厚で個性的な風味。蜂蜜のような凝縮感、焼き芋やキャラメルのような香ばしさがあり「濃厚さ」「個性的」がキーワード。特別な製法や熟成方法で作られたものが多く、初留取りなどもこのカテゴリー。濃厚な料理との相性もいい。通好みで、高価なもの、希少性の高いものもある。
(NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)テキスト「焼酎の基」より)

この4タイプ別にそれぞれのベスト商品を具体的にあげていこう。ここでは、「ライトタイプ」の5つを紹介。初心者や女性、はじめの一杯、軽めの料理とともにどうぞ。


5位:あずま小町(千葉)

あずま小町(千葉)
 

明治18年創業の和蔵酒造は、成田空港の隣に位置する多古町にある。元は清酒蔵だが、同社「貞元蔵」(君津市)は、地元の原料の焼酎を造る蔵だ。このあたりは実はサツマイモの産地。この地で育った「ベニアズマ」は、ほくほくと甘い風味が人気のサツマイモだが、この甘さを生かしたすっきりタイプの芋焼酎を千葉県酒販とのコラボで生み出した。
芋の風味がありながらも、軽快で嫌な癖がなくすっきり楽しめるタイプ。「千産千消」(地産地消を千葉ではこう呼ぶらしい)ということで千葉での消費が主だが、ライトタイプとしておすすめしたい。ネーミングもかわいい。

<DATA>
720ml 1,155円

和蔵酒造株式会社
住所:千葉県富津市竹岡1
電話:0439-67-0027 


4位:芋人気(福島)

芋人気 (福島)
 
福島、安達太良山を臨む、モダンと伝統を融合させた、日本で一番の新しい手造り吟醸酒蔵が「人気酒造」だ。吟醸造りの技術を生かした焼酎造りにも力を入れている。常圧単式蒸留だが、東北ならではの自然な低温熟成と清らかな軟水によって仕込まれた芋焼酎「芋人気」は、優しい甘さと少しハーブを感じさせる爽快な香り。なめらかで軽快な味わいが特徴。また、なによりロゴやボトルデザインがおしゃれ。
「焼酎や日本酒を買ってすぐ飲みきってしまう人は少ないはず。目指したのは、数日間食卓や冷蔵庫に置いておきたくなるような商品」というコンセプトで作られたもの。味わいだけではなく、見た目にも配慮する、飲み手の心がわかった蔵、それが人気酒造だ。焼酎は、米、麦、ハナタレもある。

<DATA>
720ml 1,050円

人気酒造株式会社
住所:福島県二本松市小高内51
電話:0243-23-2091


3位:東五

東五
 
昭和24年、鹿児島県霧島で創業した黄金酒造は、「遠赤外線仕込み」や「芋麹仕込み」、「ペーハー転換蒸留法」の特許を持つ伝統と革新のメーカー。黄金酒造の代表取締役会長であった黒岩東五氏に因んで命名された、思い入れの深いこの芋焼酎「東五」は、とにかく軽快な味わい。
減圧蒸留で白麹使用、割り水は地元の温泉水。原料のサツマイモは、通常のように蒸し煮ではなく、遠赤外線で焙煎状態にて仕上げる。この技法で雑味がぐっと減り、苦味などを少なくし、甘味のみをナチュラルに引き出す。すっきり爽快な風味はまさに芋焼酎の淡麗辛口だろう。オンザロックでより軽快に。

<DATA>
1800ml  2,100円
720ml  1,155円

黄金酒造株式会社
住所:鹿児島県霧島市国分敷根2804
電話:0995-45-0210


→次ページで「第2位」と「第1位」を発表!