目黒の秋刀魚・・・ならぬ、目黒で泡盛満喫!

おしゃれな看板が目印

落語「目黒の秋刀魚」からネーミングされた「夢酒 SanMA」。目黒駅から徒歩すぐのところにある人気の居酒屋だ。ここの売りはなんといっても100種揃った泡盛。とくにこの7月8月は、泡盛フェアを開催している。

カウンターにずらり並ぶ泡盛たち

で、いってきました。泡盛を楽しむ会。
この日のお酒のラインナップは、


●オリオンビール
(やっぱりこれからだよね)



●与那国 新酒30度
(日本最西端の島で造られる泡盛。60度の“花酒”が有名)



●やまかわ 新酒甕熟成30度
(タンクで1年、甕で1年熟成。618本の限定品)



●久米島の久米仙 新酒30度
(自然風と天然水仕込みの人気泡盛)


●月桃の花 古酒25度
(8年熟成古酒。映画「GAMA 月桃の花」記念ボトル)


お酒に合わせた料理は、
 ●ジーマミー豆腐のブリュレ
 ●海ブドウ・島ラッキョウ・豆腐ようもどきの珍味3点盛り
 ●本日の鮮魚のカルパッチョ
 ●琉球ラフティ~
 ●島タコの美らサラダ
 ●紅芋コロッケ スルル(小魚)のから揚げ
 ●SanMA流タコライス
 ●黒糖アイス サーターアンダギー添え

甘くやわらかいお肉には、もう絶対泡盛でしょう

スルルは写真右の小魚のこと



沖縄らしさに、ちょっと工夫が加えられているSanMAらしいおつまみがずらり。これに、夢酒グループの「酒ソムリエ」である森氏の、軽快な説明を聞きながら、お酒を楽しむという趣向。


→次ページではお店のイベント情報もご紹介!