今注目は、種子島の「安納芋」と「焼き芋」だ

iwataya1
「銘柄芋のみくらべ焼酎セット」10,500円で「銘柄芋」の味わいを体験。

11月1日は本格焼酎の日。夏場に仕込まれた焼酎が、新酒となって出回るのがちょうどこのころ、ということで、1987年に制定されたのがこの本格焼酎の日である。とはいえ、ブームとともにあれこれ飲んでみたけど、最近なんだか飽きてきたなぁ……なぁんて感じている方、ちょっと待った!である。「銘柄芋」を使用した、ワンランク上の芋焼酎が、今、じんわりと注目を集めているのだ。

「銘柄芋」の代表は、種子島の「安納芋」。日本で一番甘味が多い芋なのだとか。同じく種子島の「紫芋」とともにますます人気が集まっている。さらに、「焼き芋」をつかった甘味倍増の焼酎も、注目度アップの気配。香ばしさと甘さが心地よく溶け合った新しいタイプの芋焼酎だ。

で、この「銘柄芋」と「焼き芋」を使った芋焼酎セットが発売された。このセットは博多の老舗百貨店「岩田屋」さんのWebサイトで見つけたもの。地元・九州のならではのラインナップだ。芋焼酎マニアが注目している安納芋と焼き芋ベースの焼酎6本がセットになっている。今回はこのセットを使って、秋の夜長にピッタリな、銘柄焼酎飲み比べのススメ!

実録!銘柄焼酎6本セット飲み比べ記・その一

早速、実際に飲み比べしたテイスティング結果を、ご報告しよう。飲む順番を決めるときの、また、お好みのタイプを選ぶときの、さらに、飲みかたのご参考にしていただければ幸いである。

1.さつま焼酎 大金の露 かめ壺仕込み(新平酒造) アルコール25度

iwataya2
ゴールドの盃のようなイラストラベルがインパクトあり。味わいは、非常にすっきりとした瑞々しいタイプ。芋の風味は控えめで癖がなく、おつまみや料理の邪魔をしない。芋焼酎初心者や麦焼酎好きの方におすすめ。お湯割りにするとドライ感が増す。

2.さつま本格芋焼酎 晴耕雨読(佐多宗二商店) アルコール25度

iwataya3
全国的に知られた人気銘柄。人気銘柄芋「黄金千貫」使用。香りが非常に華やか。まるで吟醸酒のよう。米焼酎がブレンドされているせいか、あっさりと癖がない。後味に香ばしさあり。ドライ。お湯割りにすると落ち着いた風味に。

3.焼き芋焼酎 鬼火(田崎酒造)  アルコール25度

iwataya4
七夕銘柄で知られる田崎酒造の商品。焼き芋焼酎。まるで芋のキャンディーのような甘い香り。そふと、なめらか、まぁるい味わい。オンザロックにしてもお湯割りにしてもそのまろやかさに変化しない。舌と体を優しく癒してくれそう。

次のページでは、さらに続く飲み比べレポートを!