お肉料理に合う日本酒、「ぎゅう」登場

焼肉にあわせるなら、なにを飲む?
ステーキにあわせるなら?
しゃぶしゃぶになら?
すき焼きなら?

う~~ん、焼肉ならビールか韓国焼酎、ステーキならワイン、しゃぶしゃぶやすき焼きなら、ううう~ん・・・。
私なら、やっぱり日本酒!
焼肉やステーキだって日本酒を合わせたくなるときがある。


そんな日本酒ラヴァーにうれしい情報。
お肉料理に合う日本酒が発売された。
その名も「ぎゅう」

ふざけているわけではない。造り手はあの石川県の「萬歳楽(小堀酒造店)」。創業享保年間創業、加賀の菊酒で知られる伝統蔵である。驚くことにお肉料理の専門店のみに業務販売するという。斬新だなぁ。

なぜお肉に合うのかをテイスティングして検証してみた。
まずは日本酒としてはたっぷりと存在感のある「酸味」。山廃仕込みからくるしっかりとした酸味は、お肉の脂分をきれいに洗い流してくれる。

もうひとつは「旨み」。やはり山廃からくるやわらかいすっきりとした旨みがお肉料理のコクといいバランスをとる。この「ぎゅう」は、普通酒だけど、華やかでフルーティーな香りもあるし、ドライできりっとした辛口も飲み飽きしない。

料飲店のみの販売なので、一般消費者の方の場合は、お肉料理のお店で出会えるということになる。
うれしいのは1800mlで希望小売価格が1600円というところ。お店で飲んだとしてもお手ごろに楽しめるはずだ。

気も狂わんばかりの猛暑続きの今年の夏なら、断然、「オンザロック」でおすすめしたい。レモンの輪切りやライムを絞ってもいいし、ソーダ割りもイケル。切り子やカクテルグラス、青竹など夏向きの酒器でやれば、日本酒ならではの涼しさもご馳走になる。

焼肉ならタレではなくて塩焼きで。牛タンやハラミ、霜降り肉にレモン・わさびを一緒に添えて。炭火焼きなら香ばしさが増してなおいい。
ステーキであればヒレをにんにく醤油で。赤身肉の上品な旨みとにんにく醤油の風味に、お酒のまろみがぴったり寄り添うはず。
すき焼きもいいだろう。甘辛いところがきっとベストマッチのはず。砂糖と醤油とお酒で焼き煮する関西風なら、もちろんそのお酒も「ぎゅう」になる。ちょっと贅沢。
お醤油と大根おろしの和風ハンバーグにどうだろう。ご飯に行く前におつまみとしても楽しむのが大人のハンバーグである。じわっとあふれる肉汁と「ぎゅう」、意外にいい相性だと思う。

フレンチのようなソースたっぷりのステーキというよりは、塩焼きや出汁かお醤油を使ったあっさり系の牛肉料理がきっといい。
「ぎゅう」って名前だけど、豚肉、鶏肉にもあわせたい。香ばしく焼き上げた豚肉のステーキや、炭火焼の手羽先やつくねなんか、想像しただけで生唾ゴクリだ。

お肉料理のお店の方! ぜひ、お取り扱いを、お願いいたしま~す。


小堀酒造店  0761-93-1171
 「ぎゅう」 1800ml  1600円(希望小売価格) ※お肉料理店のみ販売



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。