日本酒好きなら、大野を知らなくっちゃはじまらないよ!


花垣の名前は謡曲「花筐」の一節からとられた。(=左)
久しぶりに雪に覆われる南部酒造場。(=右)

また、意外に知られていないが、この大野は酒米「五百万石」の生産量が全国3位である。
「五百万石」は繊細な旨味をもつ優しい味わいに仕上がる酒米。もちろんコシヒカリの生産量も多い。大野の気候風土がおいしいお米を生み出してくれるわけだ。その恵まれた環境にプラス、情熱を持った農家の方たちの協力で、有機認証をうける「五百万石」や「亀の尾」成功も日本酒好きには注目の話題だろう。


趣のある南部酒造場の正面玄関。雪でうまく写せな~い。(=左)
ここは有形文化財にも指定されている。(=右)


引き戸を開ければ明るい店内。お買い物もできる。

もうひとつ忘れてならないのが、雪深い土地ということ。「南部酒造場」 杜氏の畠中さんに聞けば「30センチくらいの雪がずっと積もっているくらいが酒には一番いい」とのこと。もともと積雪量が多いところで周りにはスキー場も多い(社長の南部さんはプロ級の腕前!)。この雪があることによっていわゆる「自然の寒仕込み」ができるわけだ。

このいい水、いい米、寒仕込み・・・と酒造りの好条件3拍子が見事に揃った土地が福井県大野市。ここのお酒がまずいわけがないのである。ちなみにもともとこの大野には30数軒の酒蔵があったのだとか。今は4軒・・・。それでもひとつの町に4軒というのは全国的に見ても多いほうなのだろう。


正面玄関にも湧き水がある。(=左)
まわりの空気より気持ち温かいの湧き水。なめらかで甘い水だ。(=右)


ここは七間(しちけん)通りなので「七間清水(しょうず)」の名がついている。

・・・ということで、1回目はここまで。次回は、蔵の中に入ります。
「花垣」の造りのポリシーはどこにあるのか。うまさのなぞを暴きますぞ。





投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。