好きな彼女と白木のカウンターでさしつさされつ……。
これがなんといっても日本酒の醍醐味である。フランス料理屋やイタリア料理屋で、ワイングラスにフォークナイフじゃあ、膝を触れ合わせてのさしつさされつなんてこたあ、ちょっとまねできない。
日本酒は、憎からずなお相手としっぽりできるのがうれしいのだ。

そこで全国の人気蔵元さんから、色恋に関係するちょっと艶っぽい名前の銘柄を探してみた。彼女と一緒に、もしくは奥方様へのプレゼントに、男同士の酒宴にも、使えるものがありますぞ。

日本酒界には『美人』がいっぱい

まずは東北から。
『南部美人』南部美人酒造・岩手)に『秋田おばこ』(福禄寿酒造・秋田)、『こまち美人』(那波商店・秋田)と色白美人が続く。この地域、酒米には『ひとめぼれ』なんていうのもある。


『秋田おばこ』福禄寿酒造
加賀から京都にかけても負けてない。
『加賀美人』吉田酒造店・石川)、『京女』ハクレイ酒造・京都)、『都美人』都美人酒造・兵庫)。『月下美人』宇野酒造場・福井)、『貴生娘』(貴生娘酒造・滋賀)、『よさ娘』(与謝娘酒造・京都)がずらりと居並ぶ。なぜか愛媛にも『京美人』東陽酒造)がいる。

瀬戸内は『福美人』(福美人酒造・広島)、『藤娘』(藤娘酒造・高知)、『東洋美人』(澄川酒造・山口)、『宝美人』(宝美人酒造・香川)、『梅美人』梅美人酒造・愛媛)と続く。

意外(!?)に太平洋側にも美人がいるぞ。
『五人娘』寺田本家・千葉)、『紬美人』(野村酒造・茨城)、『はま娘』丸彦酒造・三重)、『喜代娘』清水醸造・三重)、『紀州美人』岸野酒造本家・和歌山)と健康美人が点在。

九州陣も負けてない。
『箱入娘』(高橋商店・福岡)、『菊美人』菊美人酒造・福岡)、『長崎美人』(福田酒造・長崎)とエキゾチックな魅力満載。

ほろ酔い気分でちょっと怪しい銘柄で遊んでみる?


『京女』ハクレイ酒造
『秘めごと』(藤屋酒造本店・山形)
『艶』加藤吉平商店・福井)
『艶夜の夢』渡辺酒造・岐阜)
『恋の道』『遠き道』ハクレイ酒造・京都)
『まくらの夢』中川酒造・鳥取)
『いけないお酒』賀茂泉酒造・広島)
『天使の酒』『魔女の酒』中尾醸造・広島)
『秘スレバ花』『色はにをえど』綾菊酒造・香川)
『酔眼好調』『酔眼快調』栄光酒造・愛媛)
『姫印』『殿印』菊の城本舗・熊本)
『秘宝』嘉美心酒造・岡山)
『秘宝』三和酒類・大分)

わか~い彼女と一緒なら

『初心(うぶ)しぼり』渡辺酒造・岐阜)
『貴娘・しぼりたて』(貴娘酒造・群馬)
『やわはだ』(若鶴酒造・富山)
『舞姫』舞姫酒造・長野)
『おとめ心 ソフト』目野酒造・福岡・低アルコール酒)
『ひめぜん』一ノ蔵・宮城・低アルコール・微発泡酒)

俺だってまだまだやるぜ、なんてとき


『夜の帝王』藤井酒造
『若盛』(西堀酒造・栃木)
『開華』第一酒造・栃木)
『わかさおやじ』わかさ冨士・福井)
『夜の帝王』藤井酒造・広島)
『九州男児』菊美人酒造・福岡)
『麗人』麗人酒造・長野)
『美少年』美少年酒造・熊本)

できる女&熟女にはコレ!

『くどき上手』(亀の井酒造・山形)
『おんな泣かせ』大村屋酒造場・静岡)
『御家ごろし』(上原酒造・愛知)
『酔化粧』利守酒造・岡山)
『魔女のおまじない』(城陽酒造・奈良)


『多摩自慢』石川酒造

最後に……。考えすぎちゃダメよ

『奥秘峡』皇国晴酒造・富山)
『奥飛騨』高木酒造・岐阜)
『飛騨の華』平田酒造・岐阜)
『多摩自慢』石川酒造・東京)
『玉乃光』玉乃光酒造・京都)
『オバステ正宗』長野銘醸・長野)

さて、飲んだことあるのありましたかな?
艶っぽい銘柄、上手に使って、大人の日本酒の楽しみ満喫しましょ。

(注:現在製造されていない銘柄もあります)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。