出来上がり写真
爽やかなしょうがの香りが食欲をそそる
「タイの鶏肉のしょうが炒めご飯(ガイ・パッ・キン)」

鶏肉のバジル炒めご飯に続き、人気のタイの屋台ごはんをご紹介。
現地の人たちが普段に食べている「おかず」たちは、ごはんとの相性がバツグン。今回もご飯と彩りを添えて、普段のおかずをちょっと小洒落た印象に仕上げました。

味のキメテはしょうが。香りづけとしてではなく、“具”としてたっぷりと使うので、ピリリとした辛さが楽しめます。辛さといっても、唐辛子の辛さではないので優しく爽やかな味わいですよ。
さらに今回は、香り高くまるみのある味に仕上げるために、隠し味としてレモングラスを加えました。

お米文化でつながったタイのおかずたちは、どこか懐かしくてほっとする味ばかり。ご飯にかけ、カリッと揚げ焼きにした目玉焼きをくずしながら、タイの屋台スタイルでお召し上がりください。
辛いものがお好きなかたは、お好みで唐辛子入りのナンプラー(プリック・ナンプラー)をひとふりしてどうぞ!

材料と作り方は次のページへ