オリーブオイルベースの素朴な味わい

「ペローラ アトランチカ」の味の傾向は、全体的に塩分や油が控えめで、思っていたよりも上品な味わいだった。個人的にはもう少しエキゾチックでワクワクするような料理を想像していたので、正直あれっ?と肩透かしを食らわされてしまった感はあったが、どれも素直な味わいで食べやすい。ボリュームもそこそこ。値段は日本のポルトガル料理店や南米料理店に比べたら高めだが、雰囲気などを考慮すると納得ができる価格帯ではある。
(欲をいえば、もう少し「マデイラ島」の料理がたくさんあるとよいのだが。)

ワタシがオーダーしたのは、「さつまいもパン(甘くない!真ん中にガーリックバターが入っていておつまみにピッタリ)」「前菜の盛り合わせ(5種類くらいが何と一皿ずつ出てくる)」「ハモンセラーノ(生ハム)」「バカリャウ(塩鱈のコロッケ)」、マデイラ名物「エスペターダ(牛肉の串焼きで、ブラジルのシュラスコに似ている)」「タコのアローシュ(リゾット)」、チーズの盛り合わせ、デザートなど。

これに、ワインやマデイラワインなどをそれなりに注文して、ひとりあたり7,000円ほどだった。コースは6,300円~となるので、アラカルトで頼んで大正解。シェフのおまかせコース(10,000円)も気になるところだけれど、初めて訪れるのであれば、アラカルトで頼んで様子をみるのがいいと思いますよ。

シェイクスピアを魅了したマデイラワインがズラリ

お酒は、食前酒や食後酒に愉しめるマデイラワインがたくさん揃っているので、これはぜひ!
マデイラワインのアルコール度はだいたい20度で、辛口から甘口までさまざま。本当に迷ってしまうくらいたくさん種類があるので、お酒好きにはたまらないだろう。(お酒のメニューをじっと見ていたら、友人に“目が輝いている!”なんて笑われてしまった。笑)

ワタシは、マデイラワインの甘口を、食後にゆっくりと愉しむのが好きなのだが、そのまま飲むのはもちろん、ナッツやドライフルーツ、チーズとちびりちびりやるのも好き。デザートと合わせるのもなかなかである。歴史がめまぐるしく変動した時代に思いを馳せながら、カステラと合わせてみたら最高だろうな、なんて思ってはいるのだが、これはまだ試していない。近いうちに試してみようかな。

ワインもフランスやイタリアよりもわりと気軽に飲めるポルトガルワインがズラリ。ワインだけでも100種類以上、他にもビール、ポートワインなどがあるので、お酒を目当てにこの店を利用するというのもありかもしれない。冷たい前菜と温かい前菜を少しつまみながら、マデイラワインやポルトガルワインを愉しむ。食べ足りないようならリゾットのようなごはんものをオーダー。こんな愉しみかたも乙ではないだろうか。

日本初のマデイラ島料理店「ペローラ アトランチカ」
ものすごく印象に残る料理ではないけれど、メニューは肉類と魚介類のバランスがよく、シンプル調理が多いので、日本人の多くは違和感がなくすんなりと食べられるのではないだろうか。
ただ、料理は素朴系なのに、雰囲気は高級ということで、そのアンバランスさに好みが分かれるかもしれない。系列店の「ヴィラ モウラ」や「ヴィラ マダレナ」を利用したことがある人は特にね。かくいうワタシも、好みとしては「ヴィラ マダレナ」かな・・・という感じはする。

しかしながら、「日本初の料理」「ゆったりとした時間を愉しめる」「プライベートルームがある」「お酒類(食後酒)が豊富」「日本人になじみやすい味」ということで、用途に合わせていかようにも利用できる店ではあると思いますよ。お試しあれ!

■マデイラ料理店「ペローラ アトランチカ」
所在地:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE4F
電話番号:03-5468-0865
営業時間:ランチ11:00~15:00(L.O.14:00)
     ティータイム14:00~18:00(L.O.17:30)  
     ディナー18:00~23:00(L.O.22:00)
     バー 18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:無休
交通・アクセス:東京メトロ地下鉄表参道駅より徒歩7分、JR原宿駅より徒歩5分
地図:Yahoo!地図情報

オフィシャルHP
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。