シンプルなのに深~い味
タイのご飯料理といったら、やっぱり「カオマンガイ」

カオマンガイ
しっとり&ぷりっとした鶏肉をのせたご飯「カオマンガイ」
タイの辛くないご飯料理の決定版といえば、やはり「カオマンガイ」であろう。(と、ワタシは勝手に思っている。)
カオマンガイは、ご飯の上に茹でた(蒸した)鶏肉をのせ、濃厚なタレにつけて食べる料理である。

最近、日本で「海南チキンライス」なる料理がちょっとしたブームになっているが、この料理は中国の海南島がルーツであり、「カオマンガイ」は実はここから派生した料理だといわれている。海南チキンライスとカオマンガイ。大きな違いは、タレだといえるかな。

タイ人好みに変化した「カオマンガイ」は、見ためは少し華やかさに欠けるものの、その味わいは実に滋味にあふれている。
滋味にあふれているって、どんなところが?と聞かれても、そこここにおいしくなる秘密がたくさん隠されているので、なかなかひとことでは言い尽くせないのだが、ひとつ挙げるとすれば、ご飯である。

スープ
「カオマンガイ」には、冬瓜や大根いりの鶏がらスープがつく。
一見、ご飯はただの白いご飯に見えるのだが、米はにんにく油で炒めたあと、鶏がらスープで炊き込んだもの。しかもあの香り高きジャスミンライスなのだ。写真をよーく見ると、ご飯がほんのりと茶色くなっているのがおわかりいただけるだろうか。

香ばしいにんにくと鶏肉の旨みが、米にぎゅぎゅっとしみこんでいて、米をかみ締めるごとに旨みがじんわりと。そこにジャスミンライスの香りもプラスされて・・・あぁ、なんて美味しいの!素直にそんな言葉が口からこぼれる。

ご飯と同じく、しっとりとした鶏肉やタレもそう。どれも決して派手な味ではないのに、それぞれ不思議と印象に残る味なのである。
シンプルな料理こそ、熟練した技術が問われるとはよく言われることだが、この料理はまさにその典型だといえるだろう。

その証拠にといっては何だが、この料理はご飯が水っぽかったり、香りがほとんどなかったり、鶏肉の臭みがでていたり、鶏肉がかたくなっていたりと、正直、店によってかなり当たりはずれがある。それだけ難しい料理だということであり、片手間では作れない(ワタシも家で作るのだが、なかなか納得する味にはならない)。タイにはカオマンガイ専門店がたくさんあるほどだ。

店によって当たりはずれはあるものの、おいしいものにあたったときの喜びはひとしお!「カオマンガイ」をぜひ1度お試していただきたい。「海南チキンライス」を食べたことがあるかただったら、「カオマンガイ」との違いを比べてみるのも面白いかもしれない。
「カオマンガイ」には、鶏肉を揚げたバージョンの「カオマンガイトート」という料理もあり、こちらはタレが少し甘めになっているので、お好みでどうぞ。

お次は、もうひとつおまけにご飯料理。(カオマンガイがものすごく長くなってしまったので、お次からはさっくりといきます!)→

辛いないばかりがタイ料理ではない!?【1】
辛いないばかりがタイ料理ではない!?【2】