不老長寿の生薬、育毛剤にも使われている韓国の食材って?

食べることが薬である、という「薬食同源」の思想が深く浸透している韓国。
韓国では、体調が悪いときは薬を飲むよりも、まずどんな食品をどのようにして食べたら元気になれるのかということを考え、ひとつの料理に高麗人参、ナツメ、松の実、しょうが、ゴマなど、漢方薬にも使われるような食材を日常の生活に取り入れている。

韓国では陰陽五行説に基づいた、五味(酸味、苦味、辛味、甘味、塩辛味)五色(白、黄、青、黒、赤)の調和を大切にしており、ひとつの食事や料理のなかに、5つの味と5つの色がはいるようにさまざまな材料を使うため、味はもちろんのこと、栄養バランスも見た目の美しさも本当にすばらしい。

そういえば、以前ある韓国料理店のオモニがこんなことをおっしゃっていた。
「私の家には薬箱はありませんよ。少し体の調子が悪いとおもったら、季節の野菜を中心に、肉や魚などを合わせて、そこに高麗人参やナツメ、ニンニクなどをたくさん入れて、食事で治してしまいます。」
韓国の人たちは、薬に頼るよりも日常の食事で、病気を予防したり治療したりしているようだ。

さて、そんな健康を重視した韓国料理で、パワフル食材として人気があるものといえば、「高麗人参」
不老長寿の薬として、王侯貴族の間では数千年前から親しまれている高級食材だが、滋養強壮やストレスに強い体を作ることでも知られている

東洋医学では、「穴のあいたレンコンは肺」、「小豆は腎臓」のように、食材の形は人体の似ている部分によいといわれており、高麗人参は人そのものの形に似ているため、なんと体中に効果があるのだとか!まさに万能の生薬というわけですね。

滋養強壮にはこれ!
お肌もつるつるになる韓国料理といえば参鶏湯

高麗人参をつかった料理のなかで、最も有名なものといえば、「参鶏湯(サムゲタン)」

参鶏湯とは、若鶏のおなかに高麗人参、ナツメ、もち米、にんにく、松の実など、薬効の高い食材をつめ、長時間じっくり煮込んだ料理のこと。
滋養強壮に効果的な高麗人参のエキスがたっぷりとれ、韓国ではスタミナ食として知られている。

高麗人参の効能もすごいけれど、参鶏湯がスタミナ食といわれる所以は、まだ他にもある。
ナツメ。高麗人参を使った料理にはたいていはいっているのだが、高麗人参の苦みを和らげ、他の食材の薬効を高めてくれる働きがあるだけではなく、なんとお肌がつるつるになり、便秘や貧血にも効果があるといわれている。
にんにくはスタミナ食材、松の実とゴマは栄養価が高く、もちろん主役の鶏肉はたんぱく質、それにもち米も・・・。

と、参鶏湯はまさに栄養の宝庫!
男性がスタミナを補給したいときにはもちろん、女性にとってもなんとも嬉しい究極の料理といえるのでは?
男性の皆さま、これは何かとつかえる料理ですよ。男性は元気になれますし、一緒に行く女性もお肌に効果的とあれば喜んでくれる。男女で楽しめる料理っていいですよね。

さて、韓国には参鶏湯の専門店があちこちにあるけれど、なかでも最も有名な店の味が、東京でも食べられるようになったので、次のページでご紹介。
韓国では、本当は参鶏湯は夏に食べる習慣があるので、今回紹介するのはどうかと思ったのですが、寒い季節に食べてもおいしいから、紹介しますね。日本で土用の丑の日にはうなぎを食べるように、韓国では夏を乗り切るために、参鶏湯を夏に3回食べるんですよ。熱をもって熱を制すというわけですね。

あっそうそう、いい忘れていましたが、高麗人参は育毛剤の主成分にも使われているのですって。