日本ではとかく蔑ろにされがちだけれど、料理のつけ合せやソースは、その国で最も親しまれている食材、スパイス、調理法だったりと、食の傾向が意外とわかるもの。
そこで、メキシコ料理の付け合せやソース、テーブルにつくとサービスで出てくるメキシコ版「お通し」など、庶民的な料理や食材をご紹介。少しマイナーかもしれないけれど、注目してみるとこれがなかなか面白い!

メキシコ料理のつけ合わせ



【右】右側は“フリホーレス(インゲン豆の煮込み)”にチーズと揚げたトルティージャをトッピングしたもの。つけ合わせとしては最もポピュラーで、いろんなものについてくる。店によって味が全然違い、このフリホーレスの味でその店の味がわかるとも言われている。左側はトマト味のピラフとオレンジ。
■料理・・・エンチラーダス ヴェルデソース(グリーントマトソース)かけ

【左】左側は“ワカモーレ(アボカドのペースト)”。これは日本でも有名ですね。熟したアボカドを潰し、トマト、玉ねぎ、唐辛子、香菜などを混ぜたもの。
■料理・・・アラチェラ(牛の横隔膜のステーキ)



【右】右側が“セボジータ”という小玉ねぎのような甘みのある根菜を焼いたもの。タコスのつけ合わせには定番。

【左】左側は“ウチワサボテン”を焼いたもの。サンミゲル デ アジェンテのとあるレストランでは、右のセボジータと丸ごとの唐辛子といっしょに炒めて出てきた。シャキッ、グニャッとした食感がクセになる。
■料理・・・右左ともにタコス



【右】右側が青い“バナナ”を軽くソテーしたもの。あとはフリホーレスとトマトを花に見立てたもの。(ホテルの朝食なので少し上品な盛り付け)
■料理・・・メキシコ・シティからバスで北へ7時間のところにある町、「Aguascalientes(アグアスカリエンテス)スタイル」のひと皿。(とサンミゲル デ アジェンデのホテルメニューには書いてあったが?!)

【左】左側は“温野菜”を軽く炒めたもの。メキシコは豆やじゃがいものイメージが強いと思うけれど、野菜も豊富にとれるので、こんなふうに野菜たっぷり(もちろん冷凍物ではない)のつけ合わせもある。
■料理・・・エンチラーダス トマトクリームソースかけ

さて、次は添えもののご紹介!

<世界の食紀行>~メキシコ編~ vol.1最近のメキシコ・シティ
<世界の食紀行>~メキシコ編~ vol.2サンミゲル・デ・アジェンデ
<世界の食紀行>~メキシコ編~ vol.3メキシコの珍料理
<世界の食紀行>~メキシコ編~ vol.4メキシコの庶民の味【2】
<世界の食紀行>~ ネパール編 ~
<世界の食紀行>~ ベトナム編 ~
<世界の食紀行>~ トルコ編 ~