1日2組限定のオートクチュール・レストラン!

オープンキッチン
シンプルかつモダンなオープンキッチン。ここで料理の仕上げをします。
赤坂にあるオートクチュール・レストランです。フレンチやスパニッシュの技法を中心に、世界のありとあらゆる要素を盛り込んだ、最先端の料理を提供しています。

メニューは16,800円、21,000円、25,200円のおまかせコースが基本(応相談で25,200円以上も可能です)。お昼に限り、12,600円コースもオーダーすることができます。一応、1日2組限定ということになっていますが、それはお店に入れるのがMAX10人だから。大勢で訪れる方が多いので、昼1組、夜1組になってしまうことが多いんです。したがって、仮に夜4名の予約が入っていても、6名以下であれば予約は可能です。10名以下であれば何組でもOKということですね。


階段
お店への階段です。ここを上がると贅沢な空間が。
ボクがはじめて伺ったのは今年の3月19日。4人で行き、31,500円コースをお願いしました。その内容を一品一品紹介していきたいと思います。


リラックス効果のある卵型の石!

テーブル
真ん中に置いてあるのが卵型の石です。これもシェフの演出の1つ。
まず席に着くと、目の前に卵型の石が置いてあります。「何ですか、これは?」とサーヴィスを担当するシェフの奥さまに聞くと、「これを握っていると、リラックス効果があるんですよ」とのこと。緊張して来る人もいるでしょうから、これでその緊張感をほぐしてあげよう、ということなんでしょうね。緊張したまま食べてもおいしくありませんから。

石の隣には、その日いただくメニューがあります。が! このメニューが実におもしろいんです! 「ねぎ間?」、「偽デザート」、「また?」など、意味不明な料理名がズラリ! 「一体どんな料理が出てくるんだろう」とわくわくウキウキ。料理への関心度が一段と高まります。


オープンキッチンのシェフ
料理の仕上げをする高澤シェフ。
実際に書かれている料理名は次の通り。

 ・ソルティードッグ!
 ・生フォアグラ
 ・のれそれ
 ・自家製生ハム
 ・ねぎ間?
 ・偽デザート
 ・とうがらし
 ・天然シマアジ
 ・ライスバーガー
 ・ミネストローネ?
 ・黒豚の漬物バック
 ・アンコウ雑炊
 ・名人猟師の蝦夷鹿
 ・ビッグフット
 ・野菜
 ・自家農園梅ソルベ
 ・焼きたてキャンディー
 ・また?

はっきり言って、ほとんど解読不能ですね。


次ページは、コースの前半(1品目~9品目)について。