7,800円のコースから。

おしぼり。 パン。
「おしぼり」も洒落てます。 自家製のプチパン。もちもちです。
それでは、ジルのスペシャリテを盛り込んだ7,800円のメニュー「ルーアン」から御紹介します。

・シェフからの御挨拶
ワンプレート。
どれもが手の込んだハイクオリティな内容。
まずは、「シェフからの御挨拶」と称して、カルダモンと八角が添えられたプレートに、一口サイズの「鴨肉のテリーヌ」、「パルメザンチーズのババロア」、「トマトのラタトゥイユ」、「スイカのグラニテ」が計4種類が登場。

ワンプレート2。
左から「鴨肉のテリーヌ」、「パルメザンチーズのババロア」、「トマトのラタトゥイユ」。
「鴨肉のテリーヌ」は肉の食感が秀逸でしたし、「トマトのラタトゥイユ」は円やかなテイストで食べやすいく、「パルメザンチーズのババロア」は、表面に「生ハム」のパウダーがコーティングされており、薫り高くコクがありながら、それでいてとても繊細な仕上がりになっているのです。

スイカのグラニテ。
こちらは「スイカのグラニテ」。
中でも特に印象的だったのは、これから夏にかけて愉しめそうな「スイカのグラニテ」。これは、マルガリータをイメージして構築された一品で、スイカのグラニテの上には、胡瓜とバジルのグラニテが層になっていて、スイカの甘味と香り、そこに胡瓜とバジルの青い風味が織り重なるように溶け合い、複雑で清涼感の高い味わいとなっているのです。また、ガラス器の淵に添えられた「塩」の演出も面白いですね。


・アミューズ
アミューズ。
海の幸がテンコ盛り。
アミューズは、海の幸をふんだんに盛り込んだ一品で、まるでグラスに入った「小さな海」のよう。

青のカクテル。
日本が誇る海の幸に乾杯!
クリーミーで甘くほのかな酸味を携えたカリフラワーのムースの上には、シャンパンのジュレと共に、「海草」「雲丹」「昆布」「白貝」「海ぶどう」等が溢れんばかりに寄せ合い、それぞれの旨味と色の彩りを魅せつけてくれます。そう、一言で例えるなら、まさに「海のカクテル」。

次ページでは、前菜~メイン料理の数々を御紹介します