ザ・ダイニング(閉店)。

ANAホテルズ
「THE DINING with chef’s table」はホテル2Fにあります。


(注)2010年現在、「ザ・ダイニング」は閉店しております。この記事は2009年時に取材した過去の記事です。


**************************************************************
大阪随一の高級飲食店街「北新地」のど真ん中に、堂島川に面して「大阪全日空ホテル」が誕生したのは、今を遡ること20数年前。その中には伝説の名シェフ率いる「ローズルーム」という、関西屈指のフレンチレストランがありました。

「ありました」と過去形にしたのは、昨年秋、呼び慣れた「大阪全日空ホテル」が「ANAクラウンプラザホテル大阪」と改名するのと時期を同じくして大リニューアルが行われ、グランメゾンレストランとしてのローズルームはなくなり、その遺伝子をしっかりと受け継いだ気鋭の若手シェフ桜井幹也さんを抜擢した「ザ・ダイニング・ルーム(THE DINING ROOM french fusion cuisine)」を誕生させたからなのです。

ANAクラウンプラザホテル
モダン・スタイリッシュな内装にリニューアルされたANAクラウンプラザホテル大阪。
新装となったANAクラウンプラザホテル大阪はロビーからして、以前のローズウッドのコラムから、全面鏡張りの柱に変身し、明るくモダンかつスタイリッシュなオトナ向けホテルへと生まれ変わっています。

テーブル席。内装。
落ち着きのあるシックでモダンな店内センスの良さが行き届いたテーブルセッティング
そして、エスカレーターを昇って右手、以前はカフェ・イン・ザ・パークの2階であったところが、今回ご紹介する「THE DINING ROOM french fusion cuisine」に大変身を遂げたというわけです。

シェフ。桜井シェフ。
愉しそうに野菜を扱うシェフシェフの桜井幹也さん
新しくシェフに就任するに当たって、何か新しいことに挑戦したいと考えた桜井シェフは、ギリークラブの主催者からの提案をキッカケに、自らも大阪都島区出身であることから、大阪のこのレストランでしか食べられないとっておきのコースを苦心して編み出されました。その渾身の結晶が、その季節にしか採れない地の野菜だけを使った「なにわ伝統野菜と大阪産野菜 プリムローズ」コースなのです。

伝統野菜
これらは全て浪速の伝統野菜達。個性的なルックスが面白い。
「京野菜」といえば既に全国的にブランド野菜として名が通っていますが、大阪でも気概のある生産者たちは、「京都には負けへんで」という意気込みで、昼と夜の寒暖の差が少ないというハンデにもめげず、日夜「なにわの伝統野菜」を絶やさないよう作り続けておられるのです。

野菜にはもちろんその季節ならではの「旬」がありますから、このコースも毎月使われる野菜の種類が変わり、それに従って調理法も変わります。シェフの毎月のご苦労は大変なものと思われますが、食べ手に取っては季節の移ろいを、日本料理でなくフランス料理で五感で楽しめる、願ってもないコース料理というわけです。

次ページでは、浪速の伝統野菜コースを御紹介します