極上料理の数々

では、この日(7月のメニュー)から食べた中で、印象深かった料理をいくつかピックアップしてみましょう。

鱧。
骨切りされたばかりの鱧は、しゃっきりとした食感と、程良い軽さを伴っており、暑い日には最適な前菜となる。
まずは、「鱧の香味ニンニクソースがけ」。これを頼むと、シェフが目の前で、鱧の骨切りというパフォーマンスまで見せてくれるのですが、これがまた手際がいいのです! 私は鱧にはうるさい京都人ですが、そんな私がビックリするほどに、丁寧かつ上手く骨切りされてありました。でも、さらにビックリするのが、そのお味! 香りの効いたニンニクソースが鱧の美味しさを引き立てて、ここまで調和のとれた中華ベースの鱧料理は、今まで食べたことない新食感。それに付け合わせの胡瓜が、この鱧と合うんですよ、これが。思わず無心になるほど箸が止まりませんでした。


新レンコン
新レンコンは、柔らかく、それでいてシャリシャリとした歯応えがたまらない。また、糸のひき具合も抜群。
新レンコンとオクラの唐揚げ 特製スパイスがけ」は、この時期だけの旬の美味しさを、極限まで高めた一品。糸を引く新レンコンが愛おしい程に美味しい! 味付けとか、火の通り加減なんてレベルではなく、もうこれ以上はないってぐらいに新レンコンを活かした料理でありました。こんなに美味しくしてもらえて、新レンコンも幸せでしょう。


鯛。
この日、一番の傑作と言える魚料理。鯛を使ったものだが、素材の活かし方と、濃厚で滑らかなソースがシェフの実力の高さを物語っている。
そして、もう一品「鯛の蒸し物大豆ソース」も言葉がでないくらい美味。鯛は、鯛とは思えないぐらいに、ぷっくりとした食感に仕立てられており、本当にどうやって火入れしたのだろうか? と不思議に思うくらい秀逸な出来。その鯛の上には、大豆ソースがたっぷりとかけてあるのですが、このソースが複雑で大変奥深い味わい。この料理で、この店の料理は「旨い」というより「旨すぎる!」のだと実感しました。一口目から、たまらない、止まらない状態。


デザート。
酸梅湯の効き方が絶妙。羅漢菓の甘味も程良く、女性向けのヘルシー系デザートと言える。
他にも、この店はデザートがとても魅力的。今回は、「白キクラゲ・季節のフルーツ入り 三種薬膳ゼリー」を食べましたが、酸梅湯の甘酸っぱさに、朝鮮人参や羅漢菓のエキスが凝縮されていて、舌だけではなく、身体全体に染み渡るような、そんな心地良さを与えてくれました。
それにしても、これら全ての料理と皿出しを、たった一人でされているのだから、さらに驚きです。よくこれだけバラエティに富んだ旨い料理の数々を、そんなに時間をかけずに、タイミング良く出してくださるものだと、毎回感心させられます。

会社帰りに使える究極の一店

今、大阪……いや、関西でもっとも旬でオススメしたい中華料理店。この価格帯で、これだけ旨い料理を出してくださるなんて、本当にありがたい存在です。どのメニューを頼んでも旨いと思わせてくれる安心感・期待感があり、毎月のメニューごとに気軽に食べにいけるリーズナブルさは、まさに「本物」の名店といっていいでしょう。

「一碗水」も掲載されているレストランガイドブック「もう一度食べたい! あのお店の一皿」>>詳細はこちら

<店データ>
■一碗水
所在地:大阪市中央区安土町1-4-5
TEL:06-6263-5190
営業時間:ランチ11:30~13:30 ディナー18:00~21:30
定休日:日・祝
アクセス:大阪市営地下鉄堺筋線堺筋本町駅から徒歩5分
地図:Yahoo!地図

投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。