家でくつろいでいる時、あなたが落ち着く姿勢は……!?

家でテレビを見たり、ボーッとしたり、人目を気にせずにくつろいでいる時、あなたはどんな姿勢をとっていますか?

落ち着く姿勢は人によって、それぞれこだわりがあることでしょう。しかし、リラックス時の姿勢は、大きく2つの系統に分けることができます。そして、その姿勢からは、その人の性格がわかるのです。今回は、リラックス時の姿勢からわかる、性格と相性の分析をいたしましょう。

早速、診断スタート! ご自分や恋人など、性格や恋愛傾向を知りたい人に当てはまるほうをクリックしてください。
 
体育座り
 
膝を抱える体育座りや、横になって体を折り曲げる姿勢など、丸まっている姿勢が落ち着く

 
大の字
 
両手足を広げてゆったりと座る、大の字に寝転がるなど、体を伸ばしている姿勢が落ち着く





 
体育座り
体が縮こまっているのは不安感の表われ……

丸まっている姿勢が落ち着く人の性格とは?

■自分に自信が無い寂しがり屋さん
膝を抱えるように体育座りをしていたり、スペースはたくさんあるのに隅っこで縮こまった姿勢をしていたり、寝転がっていても手足は伸ばさず体をくの字に曲げているほうが落ち着くという人。こうした人には、自分に自信がなく、不安感を抱えている人が多いようです。

体を丸める姿勢というのは、大切な内臓を守ろうとする動物の姿勢と同じです。また、胎児の姿勢とも同じで、大人になってからも母親のお腹の中にいる時のように精神が安定するもの。丸まっていると落ち着くという人には、精神的に脆い人が多いと言えるでしょう。

こうした人には、恋愛においても自信のなさから過剰に相手に依存する、寂しがり屋が多いはず。恋人とはスキンシップがないと不安を感じ、逆にいつも寄り添っていると安心するタイプです。恋愛をし始めると生活のすべてが恋愛中心になってしまい、気持ちの浮き沈みが激しい感情型の傾向もあるかもしれません。

■物事を難しく捉え、考え過ぎるネガティヴな傾向も……
自分への自信の無さから、自分を卑下した卑屈な態度に出たり、人に嫉妬したり、ネガティヴ思考が強いことも、このタイプによく見受けられる傾向です。

恋愛をしていても、傷つきたくないという弱さから、つい物事を悪いほうへ悪いほうへと考えます。まるで、悪いことが起こった時に備え、耐性を身につけておくためのシュミレーションをしているかのようです。繊細な人も多く、小さなことに傷ついたり、同じく小さなことに喜びを見いだしたり、1人で忙しくしているタイプです。

また、人は考え事をしている時に、部屋の中央にいたり、オープンな姿勢をとったりするものではありません。隅のほうで外界をシャットアウトしたり、腕組みをしたりして、自分の中に篭るもの。そうしたことからも、体を丸めた姿勢が落ち着くという人は、物事を深く考え込んだり、空想や妄想の癖がある人も多いと言えるでしょう。

 
大の字
伸ばした手足は、そのまま伸び伸びとした大らかな性格を表している……?

手足を伸ばした姿勢が落ち着く人の性格とは?

■大らかで伸び伸びとした、楽観的な性格
両手足をだらんと広げて座っている人や、大の字に寝転がっている人など、体を伸ばした姿勢が落ち着くという人は、大らかで伸び伸びとした性格の人が多いようです。人を疑ったり、くよくよと悩んだりすることも少ない、楽観的な思考の持ち主でしょう。

恋愛においても、楽しいことやいいことばかりに目を向けようとするタイプ。そのため、相手の心変わりなどには気づきにくい、鈍感な一面も併せ持っています。元々、細かいことは気にしない性質なので、相手の気持ちがわからない、無神経な人だと思われがちです。

■自信家だけれども、思慮に欠ける面も……
伸び伸びと体を広げてくつろぐ人のなかには、相当な自信家も少なくありません。堂々とした姿勢の背景には、自分を誇示する心理が働いているとも言えるでしょう。

性格は明るく、自信たっぷりなので、恋愛相手としては頼り甲斐があり、魅力的です。しかし中には、根拠のない自信家や、思慮に欠ける間抜けな一面を持っている人も少なくありません。物事を深く考えず、ピンチに直面しても「どうにかなるさ」、「なんとかなるさ」という、他力本願な楽観視をする人の場合は、要注意です。

 
くつろぐカップル
体を丸めると落ち着く者同士のカップルは、一緒にいる時に仲良く寄り添っていることが多いはず

リラックス時の姿勢でわかる相性診断

■丸まっている人×丸まっている人
寂しがり屋で相手への依存度が高い者同士のこのカップルは、恋愛が始まった途端、いつも一緒にくっついているような、ラブラブのカップルになるでしょう。お互いに繊細で、相手の気持ちをよく察するため、愛情表現の細やかな安定した関係を築こうと努力し合うはず。

しかし、自信の無さや嫉妬などが災いし、お互いを束縛し合うと際限がなくなります。自分たちだけの狭い世界に収まってしまい、社会性に乏しいカップルにもなりかねないのが、危険なところです。2人の相性自体は悪くありませんから、長い付き合いの中でどう折り合いをつけていくかが鍵となります。

■手足を伸ばしている人×手足を伸ばしている人
大らかで楽観者同士のこのカップルは、いつも明るく前向きで、傍目から見ても楽しそうなカップルになります。小さな諍いなども少なく、たとえ喧嘩になっても互いに後々まで根に持たないため、サバサバとした関係でいられるでしょう。

しかし、互いに自信家であるため、2人に年齢差がない場合や、社会的立場が同等の場合は、主従関係がうまくいかないことも考えられます。相手が自分に対して敬いの気持ちを持たなかったり、誇りを傷つけられたりすると許せないタイプなので、同い年同士や、男女共にバリバリと働くエリートだった場合、相性は悪くなるかもしれません。

■丸まっている人×手足を伸ばしている人
自分に自信がなく、不安感を抱えている「丸まっている人」にとって、「手足を伸ばしている人」の大らかさや堂々とした自信家なところは、非常に魅力的に映ります。また、「丸まっている人」の思慮深いところ、慎重なところは、「手足を伸ばしている人」にはない長所なので、互いの欠点を補う形で相性は良いと言えるでしょう。

しかし、「丸まっている人」の嫉妬深さや卑屈さは、「手足を伸ばしている人」にとって理解し難く、度を超すとウザイ存在になり得ます。また、「手足を伸ばしている人」の無神経さや思慮に欠ける面は、「丸まっている人」にとって理解し難く、ともすると軽蔑の種になりかねません。違うタイプ同士は長所で惹かれ合いやすいものの、短所をどこまで理解し合えるかが、相性を左右するポイントです。

丸まっている姿勢が落ち着く人はどんな性格か? も読む

手足を伸ばしている姿勢が落ち着く人はどんな性格か? も読む

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。