イスタンブールを1日で制覇! 完璧プラン

スルタンアフメット地区には世界遺産がぎゅうぎゅう詰め!

スルタンアフメット地区には世界遺産がぎゅうぎゅう詰め!

イスタンブールは歴史的な見どころが満載の都市。そのイスタンブールを、一日でできる限りめいいっぱい楽しみたい!という人のために、ここでは基本観光地をほぼカバーするモデルコースをご紹介します。最重要観光メッカに加え、移動を最小限に抑えた上で、ハマムやベリーダンスショウまで組み入れられる、名付けて「どっぷりイスタンブール体感コース」! イスタンブールでの一日をいかに効率良く観光するか、迷っているあなたに満足感たっぷりのプランを立ててみましたので、ご覧ください。

9:00~ まずはヒポドゥローム(アトゥ・メイダヌ)から

エジプトから来たテオドシウスのオベリスクは、レリーフが見もの

エジプトから来たテオドシウスのオベリスクは、レリーフが見もの


トラム(路面電車)のスルタンアフメット駅を降りたら、スルタンアフメットモスクに行く前にちょっと寄ってもらいたいのが、徒歩1分のところにあるヒポドゥローム。

ここは、なんとローマ帝国時代の325年に完成した楕円形の元馬車競技場。その後ニカの反乱で損害を受けたり、政治的な集会の中心地になったりと、様々な歴史的・社会的出来事の舞台となってきました。

3匹の蛇が絡み合ったモチーフ、蛇の柱

3匹の蛇が絡み合ったモチーフ、蛇の柱

今では、エジプト・カルナック神殿から運ばれた「テオドシウスのオベリスク」、ギリシャ・アポロン神殿から運ばれた青銅の「蛇の柱」、そしてコンスタンティヌス帝時代に建てられた「コンスタンティヌスのオベリスク」の3本のモニュメントが立っています。

市民の憩いの場としてここをブラブラ散歩するトルコ人も多いので、まずは軽くここを散策しながら歴史深いイスタンブール街の空気に慣れていきましょう。ただし、親切さを装った客引きに声をかけられると思いますが、絶対に無視してください!

広場の端には、ドイツの泉と呼ばれる給水所があります。これはオスマントルコ帝国のアブドゥルハミト2世の王位就任15周年を記念してドイツ帝国ウィルヘルム2世が贈呈したもので、ドーム天井の内側の金のモザイクの美しさは一見の価値ありです。