コンシーラーは使い方をしっかりチェックする

コンシーラーにはペンシル、ブラシ、スティック、クリーム、リキッドなどの種類があり、メーカーやブランドによって、ファンデーションの前に使うものと後に使うものがあります。店頭でBAさんたちにしっかりと使い方を教えてもらいましょう。ガイドお勧めのタイプ別のコンシーラーはこの4つです。

■カバーマーク 
ブライトアップファンデーション 【スティックタイプ】
カバーマークファンデ
カバー力バツグンでビギナーにも使いやすい基本アイテムです。
カバーマーク ブライトアップファンデーション

濃いシミやシワにはスティックを直接塗ってもいいし、薄いシミならば指にとってから叩くように塗りこんでもいい万能タイプ。カバー力は抜群で、化粧崩れしにくく、意外に厚塗りになりません。毛穴を目立たなくするのにも効果アリです。ただしクレンジングでしっかりと落としましょう。

3675円



■イプサ ホワイトプロテクトC 
クリエイティブコンシーラー 【クリームタイプ】
イプサ
明るめから肌色まで用途の多い3色がパレットになったクリームコンシーラーで紫外線カット力もあります。
イプサ ホワイトプロテクトC クリエイティブコンシーラー

用途が多い3色がセットされた便利なパレット式のクリームコンシーラー。SPF25、PA+++で、シミの上に塗ったときの紫外線カット効果も大きいです。筆でカバーしたいところにぬり、その後は薬指で叩き込んでいきます。白浮きせず、シワの線だけでなく、たるみでできた影を消したいときに明るい色を選んで塗れば肌の凹凸を消して、滑らかに見せてくれます。

3675円

■イヴ・サンローラン
ラディアント タッチ 【ブラシタイプ】
イヴサンローラン
カチカチと下のボタンを押すとブラシにコンシーラーがついてそのまま筆ペンのようにしてシワに乗せます。
イヴ・サンローラン ラディアント タッチ

影ができる「たるみシワ」のカバーに力を発揮する、光反射作用のあるコンシーラーです。気になる部分に筆で薄く塗り、後から薬指で叩き込み、パウダーで抑えてなじませます。自然な明るさが肌によみがえって、見る見るくすみや暗さを解消してくれます。ファンデーションを塗ったあと、気になる部分に使います。

5985円

■ゲラン 
ダークスポットコレクター 【ペンシルタイプ】
ゲラン
できたての細いシワや小さなシミにぴったりのペンシルタイプ。紫外線カット力に加えて美容成分配合なのがうれしいです。ゲラン ダークスポットコレクター

SPF45、PA+++という強力な紫外線カット力に加えて、美容液の成分を肌に浸透させて、気になるシミを隠しながらケアするペンシルタイプのコンシーラー。本体の肌に触れる部分が適度に柔らかいシリコン製で肌につけやすくよくなじんでニキビなどの肌トラブルにも効果を発揮してくれます。

7140円

【関連ページ】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。