声が小さい!

酒に酔ってポンコツモードになるのは同じ男から見てもイヤなものです。


これもよく女性達が指摘することだ。男性の話す声が小さいと、いちいち「え?」と聞き返さなくてはいけないので、会話のリズムがとれなくてイライラしてしまう。また、こちらとしてはまったくそんなつもりはないのに、声が小さいだけで、生命力の乏しさ、やる気のなさを感じ取ってしまう女性も多い。ゴニョゴニョ話すのではなく、快活なトークを心がけてみて欲しい。

酔いすぎ!



酔えば酔うほどに会話がぐずぐずになり、意味が不明瞭になり同じことを何度も繰り返す。こういった、ポンコツ酔っぱらいは、女性達が最も嫌う酔い方だ。そのことをつっこめる男性がその場にいれば、天然ボケ担当として盛り上がりもするのだが、そろいもそろってみんなで、ぐでんぐでんに酔っぱらうようなことがあれば手がつけられない。歯切れよく話せて、会話にドライブがかかる程度に、アルコールは抑えておくのがいいだろう。

「どうせオレなんて」トーク!



自虐ネタは、最終的に笑いに持って行けるようであればOKだが、なかなか難しい。「オレってモテないから」「ウチみたいに安月給の会社は」など、たいていの場合は反応に困ることになるので避けたほうがいい。うっかり始めてしまったら、「モテないなりにがんばるしかないじゃん?」「安月給だけど、仕事は楽しいんだよね!」と前向きなトークに切り替えるようにしよう。

次のページでもさらに続々と紹介してゆきます!