カラ回らずに幸多き婚活をする法則その2:恋人作りよりも仲間をどうやって作るか?を真剣に考える。

たくさんの選択肢を持ち、たくさんの男性とコミュニティ=仲間を継続する。そういう“心の遊び”が婚活には必要なのです。そのためにはまず“ファッション”から! ファッションは婚活の必須ツールです。
「会社にはいい人がいない」「会社の友達がみんな結婚しちゃって、仲間がいない」と嘆いている人が多くいます。その問題を解決するためには、やはり、会社と家以外の、第3の場を持つ必要が出てきます。

おおよそ2年間、会社や会社の友達を通じての素敵な出会いがなかったとしたら、もう社内はいったんあきらめましょう。「こっちの線はないな…」と冷静に腹をくくることが必要です。

では、新たな出会い、交友関係をどこで開拓するかですが、オススメは大きな会社に入った大学時代の友人。久しぶりに連絡を取って、お茶でもしながらまじめにお願いして、出会い飲み会を紹介してもらいます。

女友達に「男性を紹介して!」と本気で頼むことは、意外と少ないのではないでしょうか。だからこそ、頼まれたほうは、その本気さに打たれ、まじめにいい人を探そうとしてくれるはずです。友達の彼氏に頼んで、男性を大勢で紹介してもらうのもいいでしょう。もちろん、そこで「ありなし」をジャッジするのではなく、次につなげるようにします。

趣味や、おいしいご飯の会を通じて、女友達の輪を広げるのもいいですね。そうやって、「どこにも出会いがない」という八方ふさがりの状態を脱しましょう!

「いまさら新しい友人関係を作るのって、大変で無理」と、投げ出そうとしている人がいたとしたら、その人は婚活への決心が足りないと言わざるを得ません。

交友関係を広げるための第一歩を“できない理由ばかり考えて踏み出せない”のであれば、自力で(お見合いサービスなどを使わずに)結婚をつかみ取ることはハッキリ言って無理です。厳しいことを言うようですがそれは事実です。

次のページでは「外見磨きも忘れずに」についてお送します。