【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

楽しい婚活ほど成功する! 仲間力で勝負しよう。

みんなでワイワイ!婚活仲間でパーティに行こう。うれしいときも悲しいときも肩を叩きあい前に進むのです。楽しそうでオシャレな集団に男ゴコロは惹かれます。

婚活ブームの中で、現場(食事会、合コン、業者ではない自然発生的な一般のパーティ、結婚式二次会)に顔出すたびに、女性の皆さんのほうが積極的に出会いを求めアクションしているように感じます。とても素晴らしいことだと思いますし、心からがんばって欲しいと思います。

いま皆さんがしている婚活が、もっと良いものになるためにいくつかメンテナンス方法をアドバイスしたいと思います。ぜひ、いまご自分が実施している婚活に当てはめながら、読んでみてくださいね。

カラ回らずに幸多き婚活をする法則その1:結婚を目的にしすぎない

まず、結婚を焦りすぎるがあまり、恋愛を飛び越えて結婚だけにがっついてはいませんか? それはかえって結婚を遠ざけてしまう、逆効果婚活と言えます。もちろん、生物の本能に従えば、結婚とはある意味生存競争を意味します。遺伝子を奪い合う命がけの闘いでもありますから、角をぶつけあったり、かみつきあったりする動物もいますね。

ですが人間には心があります。しかも人間の女性には、男性の心に響くような「舞」を踊る必要があるようです。そうですね、たとえるならライオンやバッファローよりも、クジャクやフラミンゴのイメージでしょうか。

苦虫をかみつぶしたような表情で、虎視眈々と獲物を狙っていてはうまくいきません。それよりも、婚活を楽しむ余裕、表情、物腰があってこそ、そこに男性は惹かれるのです。なにか婚活がうまくいかない、辛いと思っている方は、もしかしたらこのような「リラックス感」が足りないのではないでしょうか?

では、楽しむためにはどうすればいいのでしょう?それは簡単”みんな”で婚活することです。どんどん群れることです。出会いの場でも、パーティーでも、一人で参加するのではなく、志を同じくする女性同士で婚活チームを結成し、楽しく笑顔で婚活をするようにします。

そうすると、緊張がほぐれて仲間同士で盛り上がれますし、自然に笑顔があふれ、みんなで輝いたオーラを身にまとえますね。そういう明るく楽しい群れに男性が寄ってくることになります。

そもそも、一対一では、出会える数は自ずと限られてきます。みんなで出会いを供給し合えば、選択肢が広がるし、たくさんの可能性に触れることができます。男性達も、仲間同士でいるときのほうが普段見せない素の顔を見せるので、その人の本性に早めに触れることができますよ。

婚活はソロでは行わない、チームで行う。これが鉄則。チームでの婚活をこころがけるようにしましょう。

次のページでは「婚活仲間をどうやって作るか?」についてお送りします。