【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
晴れて恋人として交際がスタートした時期は、盲目気味に相手を見てしまう反面、物理的にも心理的にも距離が近くなったことで、相手の欠点が目についてしまうことも。
どんなに好きでも、ひどい態度や行動をされたら100年の恋も冷めてしまうでしょう。しかも相手がそれをタブーだと思っていなければ、余計に指摘は難しくなります。

友達同士なら平気でも、恋人となると「それはちょっと……」と眉をひそめるようなこと。相手が恋人だからこそ、親しさのあまりついやってしまいがちなこと。あなたは身に覚えありませんか?

男性はここに気をつけて!

旅行の日程もコースも人任せにしておきながら「つまんない」ですって!?だったら自分で決めてよ!
男性にありがちなのは、優位に立ちたい、尊敬されたいといった欲望から起こる勘違いアクション。また「男のくせに」と言われてしまいそうな事柄も、女性からはマイナス印象になることがあるので注意。

■1円単位までワリカンにする
お金の価値観も人それぞれ。お金に細かい人というのは、見方を変えれば「お金を大事にする人」ともいえます。しかしまだお互いをよく知らないうちにこれをやると「ケチな人」というマイナス印象だけを与えてしまう恐れが。見栄を張る必要はありませんが、相手の懐事情を知らないうちは、端数くらいは出してあげたほうがいいでしょう。

■リードする気ゼロ
デートの約束もデートコースも相手に決めさせるようでは、頼りない印象を抱かれてしまうかも。「乗り気じゃないのかな」と思われてしまったら、進展は遠ざかるだけ。せめてデート中くらいは頼もしく彼女をリードして「恋愛に参加している」姿勢を見せて。

■無駄にプライドが高い
たとえばケンカの後。自分に過失があったことは知りつつも「ごめん」の一言を言えない男性の多いこと! 「謝ったら負け」だなんて意地張っても何ひとつメリットありません。むしろ「負けるが勝ち」だと知るべし。
収入格差など彼女より劣る自分が許せず、むやみに威張って「男の沽券」を保とうとするのも嫌われます。無用なプライドを掲げるほど「小さいヤツ」だと思われるだけ。男らしさは「寛大さ」でアピールを。

■不潔、あるいは潔癖
ルーズすぎるのは恋愛以前の問題。普段、お風呂さえ面倒がって不潔にしている人は、よく見ればわかります。デートのときだけ気合い入れるのではなく、日頃から最低限の身だしなみは整えて。逆に潔癖過ぎるのも窮屈なもの。神経質なまでに気になってしまう人は、きちんと説明した上で、相手のぶんまでケアしてあげるくらいの気配りを。

次は女性編です。