草食系男子の誘い方!やってはいけない4つのアプローチ

草食系男子の誘い方 やってはいけないアプローチのタブー

草食男子の誘い方!草食男子はストライクゾーンに飛び込んできた女子に対しては動ける

「草食男子」「草食系男子」の解釈には、多少の揺れがあるようですが、著者は、1980年代以降生まれの男子について、女子に興味が無いとは思えません。しっかりした恋愛観を持つ男子も多いです。

彼らは、ただ、洞察力があり感受性が豊かなだけ。そのため、女性の裏表に敏感で、ストライクゾーンが狭く、ムダに動かないだけ……という印象を受けます。恐らく、ストライクゾーンに飛び込んできた女子に対しては、動けます。それを、ロールキャベツ男子などと呼ぶこともあるそうですが。

今回は、そんな彼らへのタブーな迫り方を4つお話しします。

<草食男子の誘い方、4つのタブー>  

1.積極的にどんどん誘ってしまう

LINEでは話してくれるのに、なかなか誘ってくれない同期のTさんを好きになったA子。こちらから誘ってみたら、数回、二人だけで食事などに出掛けることができました。そこで「脈ありかも」と、テーマパークへのデートや、遠出の約束をしようとしたら、どうも返事が鈍ってしまいました。

草食系の彼は、基本的には受け身。とはいえ、数回、二人で出掛けてみても、彼からの誘いが無いのなら、彼のストライクゾーンには入れていない可能性が高いです。異性として興味があれば、彼からも誘うはず。

草食系男子は、自分のペースやスペースが大切。それを尊重してくれない女性を嫌う傾向にあるので、彼の誘いを待てずに、どんどん攻めるのはタブーです。ペースを乱す、無神経な女性だと思われると、嫌われてしまう可能性があります。焦る気持ちを抑えて、ゆっくり近づくことがポイントです。
 

2.草食系男子の趣味を理解しようとがんばる

草食系男子の誘い方 やってはいけないアプローチのタブー 

彼の専門分野は、聞き役に回って。それが彼を尊重することに繋がります

芸大(音楽)出身のM君を好きになったB子は、彼の好きな音楽やアーティストについて調べたり、彼の楽器について調べてみました。話を盛り上げたくて、自分なりの感想を伝えてみたら、彼は、その話題を避けるようになってしまいました。なぜでしょう。

知ろうとする姿勢や、興味を持つことについては、かわいいのですが、あまり立ち入ってはいけません。彼らは、好きなことや夢に関することについて、とても詳しく知っていて、感覚で捉えています。

音楽で食べて行こうと思っていたかもしれないわけですから、彼なりの解釈で、すでに世界観ができあがっています。出しゃばって付け焼き刃の知識で「わかったふり」をすることは、彼らにとって、ある意味、領空侵犯。役に立ちたいからとアドバイスするなど、もってのほか。

せめて、「よく知らないけど」「素人の感想だけど」などとクッション言葉を置いてから話し、彼と同じ目線で話そうとしないこと。

「知識を得る努力」を認めてもらおうとするより、焦らず、彼から学べばいいのです。まずは、聞き役に徹しましょう。
 

3.話を遮ってノリで話をかぶせてしまう

草食系男子の誘い方 やってはいけないアプローチのタブー  話を遮ってノリで話をかぶせない

ポジティブ女子との相性は悪くないのですが、無理な励ましや、元気過ぎる会話には気をつけて

若いうちは特にそうだと思いますが、ノリや空気感で、会話をテンポよく進めてしまいがち。でも、草食系には、そういうノリよりも、しっかりキャッチボールすることの大切さに気づいている男子が多いのです。

話を途中で遮る行為は、現代人にとっては、当たり前のようになっていますし、好きな彼とのおしゃべりで緊張してつい……ということもあるでしょう。でも、「心」よりも「その場限りの雰囲気」を重視している、つまり、配慮に欠けているという印象を与えてしまいます。

「自分らしくいる」ことを否定されてまで、誰かと無理にコミュニケーションを取りたくない。……そう考えている草食系男子も多いようです。「暗い」とか、「コミュ障」などとマイナスのイメージを持つか、「自分」というものを、しっかり持っている人だと感じることができるか。それによって、彼が心の扉を開いてくれるかどうかが決まります。

彼が大切なら、話は最後までしっかりと聞いて、キャッチしましょう。
 

4.色気アピールの服や派手な化粧

草食系男子の誘い方 やってはいけないアプローチのタブー 色気アピールの服や派手な化粧

派手=無神経・裏表がある、という印象は否めないので気をつけて

感受性が豊かな草食系男子は、裏表のある女性が苦手です。厚化粧は、その象徴とも言えます。男性は全般に、濃い化粧が苦手な人が多いですが、特に、草食系男子と仲よくなりたいのなら、ナチュラルメイクの腕を磨きましょう。

また、胸が見える、肩が出ているなどの、わかりやすい色気のある服を着るのは、せめて「両想い」になってから。積極的な、色気作戦は引いてしまいますし、だらしない、もしくは、無神経な女性だと思われると敬遠されます。

それでも、彼と少しいい雰囲気になってきて、少し色気をアピールしたいのなら、あからさまにではなく、角度に寄って胸が見えそうになるブラウスや、座った時にだけ太ももまで見える短いキュロットなど、露骨ではない色気で勝負しましょう。


彼の時間、彼のテリトリーを、しっかり尊重することができて、ストライクゾーンに入ることができれば、きっと、彼も積極的になれるはずです。慎重な草食系男子は、「恋人を本当に大切にできる男」である可能性も高いはずですよ。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。