「ウザい」と思われる瞬間4:根拠もなく浮気を疑う

腕組みして睨む女性
悪いほうへ悪いほうへ考えてしまう人は、上手な時間のつぶし方を身につけましょう
やっとスケジュールを合わせて会えた! というときに根拠もなく「最近浮気してるでしょ?」と、真っ先に浮気を疑っていませんか? 浮気をしていないのに、いきなり断定口調で疑われては、相手も不愉快に。久し振りのデートを楽しめません。

会えない時間を不安に思い、悪い想像ばかりをしていると、「浮気をしているかもしれない」から、「浮気をしているに違いない!」と思い詰めてしまいます。必要以上に疑っていると相手は嫌気がさして、本当に浮気に走りかねません。

「ウザい」と思われる瞬間5:交通費や電話代は相手が払って当然という態度


遠距離恋愛でネックとなるのが交通費と電話代。相手のほうが稼ぎがある場合、多く払ってくれることがありますが、それに慣れてしまうと、「払ってもらって当然」という態度が出てしまいがち。

多く出してもらっているほうは、ちゃんと感謝を言葉で述べましょう。口に出すのが照れくさいなら、デート代は自分が持つなどして、感謝を態度で示してください。



【関連記事】
男性をイラッとさせるダメトーク



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。