「ウザい」と思われる瞬間2:生活サイクルを無視する

電話をする男性
生活時間を伝えてあるのに、無視をして掛かってくる電話。始めのうちは許せるけれど……。
「急に不安になって電話したの」と、相手が寝ている時間に突然の電話。落ち込んでどうしようもないときはともかく、それが続くと、相手は睡眠不足に。メールで起きてしまうタイプの人に、起床時間前のおはようメールを送るのも「イラッ」とさせます。

睡眠は毎日健康に暮らすために必要な時間。自分のワガママが、相手の健康を脅かしていることを自覚してください。また、体調不良になると、どうしても心はマイナスな方向に行きがち。些細なことで喧嘩になりかねません。

また仕事や学校で忙しい時間でも、連絡が取れないと腹を立てる人がいますが、それは筋違い。生活サイクルはあらかじめ伝え合い、相手の負担にならないよう、連絡を取る時間には気を配りましょう。

「ウザい」と思われる瞬間3:電話やメールの内容がいつも自分の話


遠距離で会えないぶん、自分の近況を報告しようと思う気持ちはわかりますが、自分の話に終始してしまい、相手の話を聞くことを忘れがち。相手が悩みや愚痴を聞いてほしいと思っていても、話させるタイミングを与えません。

恋人との心の距離を近づけるために連絡を取るわけですから、相手を思い遣る気持ちを忘れず、「自分が自分が!」とならないよう気をつけて。


だんだん心が離れてしまう行動とは?