要約してオチまで言う

会話する男女
「ハイハイ、それってこういうことでしょ! なんで簡潔に喋れないかな~」とイラ立つのもわかりますが……。
話し下手な人は、途中で自分が何を言いたいのかわからなくなり、会話迷子になります。頭の良い人は一度聞いた話や想像できる内容なら結論までわかるので、つい簡潔にまとめて結論まで話しますが……。

●聞き下手例
A「昨日上司がオールアバウトってサイトを、あ、その上司っていうのはインターネットを始めたばかりで、その上司ってムカつく奴なんだけど、えっと」
B「上司がオールアバウトって知ってるか? って自慢した話でしょ」
A「そうだけど……」

話し下手な人にも、話したい欲求はあります。うまく伝えられずに困っているとき以外は、イライラするかもしれませんが、聞き役に徹してあげてください。

キーワードに飛びつく


自分が興味を持っている話題や、造詣が深い話題のキーワードが出ると、つい自分もその話に乗っかりたいと思いますが……。

●聞き下手例
A「昨日テレビでやってたダイエットの」
B「あー! 見た見た! すごかったよね。あのダイエットってさ、本当に効くのかな。あ~痩せたい! 知ってる? ダイエットってさ」
A「えっと……、テレビの話を続けてもいい?」

自分が話したい話題のキーワードで拾った途端、テンションが上がって、マシンガントーク。せめて話に「。」が付くまでは待ちましょう。


相づちの打ち方が悪いと聞き下手に!