【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

なにげない一言にご注意

pic
男女の違いを知ればコミュニケーションギャップは案外簡単に解決できるかもしれません
もし、あなたが、最近パートナーとつまらないことでいさかいばかり繰り返しているとしたら?

それは、コミュニケーションのマナーに問題があるのかもしれません。

昔から、日本では「話せばわかる」といわれてきましたが、こと男女の仲に関しては、話せば話すほど、状況が悪化することも少なくありません。「買い言葉に売り言葉」本当は喧嘩なんかはしたくないけれども、ついつい相手の無思慮な言葉に「カッとなって」なんていう経験はあなたにもあることでしょう。

そして、あなたが、もし「カッとなって」いるとしたら、たいていの場合は、相手も「カットなっている」ものです。そうなると、せっかく今まで築き上げてきた関係が、つまらないいさかいで台無しになってしまうこともあります。

さて、こういったいさかい。それは、たいていの場合、男女間におけるコミュニケーションマナーの違いが原因です。
 

男が嫌がること

コミュニケーションを良好にするために一番大切なことは、相手の尊厳を傷つけないように注意する言葉選びです。性別に限らず、人間は、だれしも、自分の大切にしていることをけなされたり、気にしていることを指摘されたりすると、プライドを汚された気持ちになり、反感を抱くようになります。

「口は災いの元」と言われるように、言葉の使い方には、いつも細心の注意を払いながら、相手を傷つけないようなコミュニケーションを心がけることは、恋愛の成功にとっても、当然必要なマナーです。一方、どれだけ気をつけても、知らぬ間にパートナーを傷つけてしまうこともあります。それを避けるためには、あなたのパートナーが最も嫌がる事柄を十分に把握しておく必要があります。

男女ともに、お互い、どんな嫌な事を言われても聞き流すだけの度量があれば、問題はありませんが、そこまで、クールに感情のコントロールが出来る人は、そうそう多くはないでしょう。ですから、パートナーとの良好な関係を維持するには、少なくとも、お互いに、相手の弱点や嫌がることは事前に察知しておいて、そのことには、触れないよう注意する必要があります。

さて、それでは、パートナーの嫌がることとは、具体的にどういったことなのでしょうか?