【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

そもそも「ホワイトデー」ってなぜ始まった?

undefined

 

オールアバウト独自のユーザー参加型アンケート「恋愛裁判」による調査(※現在はサービス停止済)で、「ホワイトデーのお返しをしない人は?」というテーマでいろいろ熱い議論が交わされました。

そもそも「ホワイトデー」とは、日本で生まれた消費を目論んだ商業的な意味でスタートしているので、実はバレンタインに比べれば、まだ、きちんと習慣化されていないというのが今の現状かも知れません。

バレンタインだって本来は男女の隔てなく愛する人に気持ちを贈るイベントです。日本では、いつの間にか女性から男性にチョコレートを贈る習慣として定着していますが、このチョコを贈ること自体も日本独自のものです。実際に、僕もアメリカの高校に通っていた時に、それが常識だと思っていたので、クラスの友達が男女関わらず花やバルーンなどを贈っていたのでビックリした記憶があります。

さて話を戻しつつ、今回の恋愛裁判のアンケート結果をみていきましょう。

まず結果だけを見れば、返すべき=60.7%、返さなくてもOK=39.3%という数字が出ました。寄せられたコメントの意見などを読むと、当たり前ですが、それぞれの立場によって主張するポイントが違うことがわかります。

>続いて渡すチョコ、もらうチョコの特性を一緒に見ていきましょう!