「クルム伊達公子」にこだわって復帰

ゴールデンウィークの日本に素晴らしいニュースが駆け巡りました。プロテニスプレーヤーの伊達公子さんが37歳で現役復帰。12年のブランクをものともせず、カンガルー杯国際女子オープンテニスにおいて、ダブルスで優勝、シングルスで準優勝したのです!!

伊達さんといえば、元世界ランキング4位まで上りつめたプレーヤー。もちろん日本人女子選手では史上初であり、1996年にあの女王シュテフィ・グラフを破ったことでも有名ですが、同年に26歳の若さで惜しまれつつ現役を引退しました。

2001年にドイツ人レーサー、ミハエル・クルム氏と結婚。実は私、当ガイドサイトを立ち上げる時に書いた3本の記事のうちの1本で、伊達さんの国際結婚を取り上げているんですね。あ~、なつかしい! その記事がコレ↓です。
「伊達公子さんが選んだ国際結婚」

まだAll Aboutの文体も定まらない時代に書いていますので、今の記事とはちょっと違う雰囲気かも……。ともかく、それ以来お2人は“気になる国際カップル”のうちの1組になりました。

今回の復帰発表で、まず「おおっ!」と思ったのは「クルム伊達公子」という登録名でした。このような名前で登録できるのは国際結婚ならでは。お2人の円満ぶりもよく表していますよね。

伊達さんは女性から見たら「かっこいい!!」の一言。復帰のために、前々からライフスタイルや食事に細心の注意を払い、かなり努力してトレーニングを積んできたようです。しかし、それ以上に夫クルム氏のサポートの威力は絶大だった模様……。

そんなクルム氏の伊達さんに対するさまざまな言葉を集めてみました。題して「クルム語録」。外国人の夫ならではの、ストレートで愛に溢れた発言の数々。女性だったら「夫からこんなことを言われてみたい!」と思う言葉ばかりですよ~♪


復帰への強力プッシュはこの言葉だった……!?