【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
1月12日、元プロ・テニスのトップ・プレーヤーだった伊達公子さんが、ドイツ人レーシングドライバーのMichael Krumm(ミハエル・クルム)氏と婚約したことを発表した。2人は既に一緒に暮らしており、年内にも挙式したいとのことで、21世紀の最初の年に、スポーツ界のトップ・プロ同士の国際結婚カップルが誕生することになる。

2人は昨年末から結婚に向けて準備を進めていたようだ。すべて整ってから、自分たちの口でファンやお世話になっている方たちに報告したかったそうだが、あるスポーツ紙に突然押しかけられ、不本意な形で報道されそうになったため、伊達さん自身のホームページ上で発表する形となった。伊達さんからのメッセージには、クルム氏の短い英文メッセージも添えられている。

2人が出会ったのは一昨年のこと。フランスで行われたル・マン24時間レースにクルム氏が出場し、伊達さんはテレビ局のリポーターをつとめていた。その後はお友達として交際していたが、昨年から急速に親しくなったという。

昨年、クルム氏は、日本でフォーミュラ・ニッポン・シリーズというレースにフル出場し、総合第2位という健闘ぶりだった。その影には、忙しいスケジュールを割いてサーキットを訪れていた伊達さんの応援があったのだ。

ご存知のように、伊達さんは1995年全仏オープンで日本人女性初のベスト4入り、96年ウィンブルトンでは準決勝に進出して女王S.グラフと対戦するなど、世界のトッププレーヤーとして活躍してきた。
かつては俳優の中井貴一やJリーガーのビスマルクとの交際も噂されていたが、結婚には至らなかった。クルム氏とは、時間をかけて大切に愛を育んできた様子が、ホームページのメッセージからも伝わってくる。

レーサーとの国際結婚といえば、すぐにゴクミとアレジが思い浮かぶが、年が離れたこのカップルに対し、伊達さんとクルム氏は、ともに1970年生まれの30歳。プロ・デビューも同じく18歳の時だった。以来、各国のプレーヤーあるいはレーサーと、第一線で戦ってきた。世界を舞台に活躍してきた2人にとって、今さら「国際結婚」という感覚はないかもしれない。

今年は、クルム氏がアメリカのトップレースCARTシリーズに参戦、伊達さんは日本で子供向けのテニス指導などを中心に仕事を続ける予定で、しばらくは離れて生活することになりそうだ。お互いの仕事を理解し合っているカップルなので、問題はないのだろう。これもまた新しい国際結婚のカタチになりそうだ。
伊達さん、クルムさん、お幸せに!!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。