子供が重国籍になっても、日本の法律が認めている国籍は1つ


このように、国際結婚カップルの子供は生まれながらにして重国籍になることが多いのですが、日本の国籍法では、外国の国籍を取得したときは日本の国籍を失うと定められています。

「国籍法」
第十一条  日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う。
2 外国の国籍を有する日本国民は、その外国の法令によりその国の国籍を選択したときは、日本の国籍を失う。


つまり日本は1つの国籍しか認めていないのです。

国籍留保制度


しかし、子供は自分の意志で外国籍を取得したわけではありません。
将来どこに住むか分からないので日本国籍を保持しておきたい、また、親が決めてしまうのではなく子供に選択権を与えてあげたい、と思われる方も多いでしょう。

そのために、国籍留保制度というものがあります。
これは、外国で生まれて二重国籍となった子供を対象としている制度です。

親が外国で出産し、その国にある日本の大使館か領事館に「出生届」を出す時(出生から3カ月以内に提出)、「国籍留保届」も一緒に届け出れば、子供は日本の国籍をそのまま保持することができます。
そして、22歳になるまでにどちらの国籍にするか、選択すればよいのです。

『国籍の選択』2ページ目 「●国籍選択の期限」に詳細がありますので、そちらも参考になさってください。
--------------------------------------------

以上で、国籍法や国籍取得のシステムについては、だいたい分かりましたね?
では、いよいよ「出生届」と「国籍留保届」の提出です。これについては、次回「国際結婚の諸手続き【12】 出生届と戸籍」で詳しく説明します。


********関連サイト********
民事局「国籍法」
■国際結婚の諸手続き【1】 国際結婚の婚姻届け(1)
■国際結婚の諸手続き【2】 国際結婚の婚姻届け(2)
■国際結婚の諸手続き【3】 国際で戸籍はどう変わる?
■国際結婚の諸手続き【4】 国際結婚後の姓(氏)の選択
■国際結婚の諸手続き【9】 国籍の選択


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。