外国で結婚する場合

婚約者の国または別の国に住んでいて、海外で結婚する場合の手続きは、日本で結婚する場合の国際結婚の手続きとはまた異なります。ここでは、外国で結婚する方法について説明します。

手続きには、以下の3つの方法があります。

1.相手の国の方法で婚姻し、日本の在外公館に届ける

海外在住の方は、基本的にはその国の法律に従って結婚し、日本に届けを出します
まず相手の国の法律で定められた方法で結婚の手続きをし、受理された後、現地にある日本大使館か領事館に届け出る方法です。

■相手の国への届出に、日本人が必要なもの
国によって必要書類が違いますので、必ず事前に確認をしてください。
基本的には次のものが必要になります。

・「戸籍謄本」……相手の国の言語での訳文が必要です。有料ですが在外公館で訳してもらうことができます。

・「婚姻要件具備証明書」……日本人が日本の法律で結婚の要件を満たしているかどうかを証明するもの。「国際結婚の手続き【1】 婚姻届け(1)」参照。「戸籍謄本」だけでいい国もあります。

■日本の在外公館への届出に必要なもの
それぞれ何通必要か、確認しておきましょう。

・「婚姻届書」……用紙は在外公館にあります。日本でもらうものと同じですので、あらかじめどこかで入手しておくこともできます。
記入の仕方には必ず疑問が生じるものなので、事前に鉛筆で下書きをしてみて、疑問の箇所は窓口で担当者に聞いてみるとよいでしょう。書き損じがないように、下書き用の見本用紙を備えているところもあります。

・「戸籍謄本」(日本人)

・相手の国の公的機関が発行した「結婚証明書」……翻訳者名を記入・捺印した日本語の訳文が必要です。翻訳者は本人でもかまいません。