“アロハ”の気持ちをレイに託して

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/2/1/2/7/3/0001.jpg
ワイキキのDukeの銅像もたくさんのレイをかけています
ハワイに到着すると、空港やホテルでレイを首にかけてもらう機会があります。それは、心から歓迎してもらってるように感じてとても嬉しいものですよね。レイは古来から神事などにも用いられ、現在では感謝や敬愛の気持ちを表すアイテムとして、誕生日や記念日、そして結婚式にもたびたび贈り合う、ハワイではとても意味のあるもの。まさに「アロハ・シンボル」です。フラ・ソングの名曲にはレイについて歌われた曲も多く、甘く香しいレイは、歌のなかで恋人や家族にたとえられていることも。そんなレイを、みなさんにもハワイ挙式に取り入れていただければと思います。
おすすめの方法は、ご両親へ感謝の気持ちを伝えるレイセレモニー。国内披露宴なら、終盤に花束贈呈のシーンがありますよね。ハワイのレイセレモニーも同じような意味で行ってみてください。挙式前後に教会のお庭やパーティの会場で「ありがとう」を込めてレイをかけてあげます。目上の方へはハワイ語で「孔雀」を意味する、高貴なピカケのレイを、友人などに贈るなら、香りが素敵なオーキッドのレイを。私はレイをいただくと、ホテルのお部屋の最も目に留まる場所に飾ります。送り手の気持ちを思い、見る度に幸せな気持ちになれるんです。
【もっと詳しく知りたい方へ】失敗しない海外ウエディング情報を発信中!
このような海外ウエディングに関するガイドメルマガを配信しています!
【海外ウエディング準備はこれで完璧!】後悔しない! 海外挙式の作り方 5ステップ海外ウエディングのドレス選び&持ち運び術 海外挙式の一日の流れをチェックしよう! ハワイ挙式で親孝行できる5つのアイテム
出発直前にお役立ち! 持ち物リスト


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。