幸せになるための27のドレス
主人公ジェーンを演じるのは「グレイズ・アナトミー」のキャサリン・ハイグル。(C)2008 TWENTIETH CENTURY FOX 
現在公開中の「幸せになるための27のドレス」。内容はこちらをご覧頂くとして、ガイドが注目するのは、やはりヒロインのジェーンが着こなす27着のドレスたち。27着分の花嫁付添い人のドレス・ファッションショーは見ているだけで、笑いがこみ上げてきます。そんな話題の映画から、私たちのウェディングにも取り入れたいポイントをチェックしちゃいましょう。

注目のウェディングドレス

冒頭、ジェーンが友人の代わりに試着しているウェディングドレスは、オーガンジーのビスチェタイプ。軽やかな素材のオーガンジーは幾重に重ねても重い印象にならず、エアリー感たっぷりのカワイイ系花嫁になれちゃいます。

ベールもトップをふんわりとさせて、ドレス同様に立体感をだしています。このベールスタイルを取り入れるなら、前髪をタイトにしてメリハリをだす方が今っぽく仕上がるでしょう。

クライマックスのクルーズ・ウェディングで花嫁が着ているドレスはユミライン。あの日本を代表するドレス・デザイナー桂由美さんがつくられたラインです。マーメイド風のスレンダーですが、膝上あたりから裾に向かって広がるので、脚を長くみせる効果バツグン! 全体のバランスを上手く整えるので、小柄な花嫁にもおすすめです。

27着の花嫁付添い人のドレスから分かる結婚式のポイントは、次ページへ。