欅の大木に見おろされる、すべて生粉打ちの自家製粉の新店



千葉県、八千代市。中山カントリー俱楽部というゴルフ場の正門前に、生粉打ちの丁寧な仕事をする蕎麦屋ができた。すでにラジオ等のマスコミでも紹介され、早くも名店の風格を醸しだしつつある。立地は往来の多い県道に面し、その風雅な佇まいは遠くからも目を引く。蕎麦好きならずとも、つい食指が動く、心憎いばかりの存在感がある。


決して小さな店ではないのだが、樹齢数百年におよぶシンボルツリーの欅に睥睨され、広大な駐車場の片隅にあるという風情は、都会では決して望むべくもない贅沢な開放感となって、この店の魅力を押し上げている。