角出しに要する時間はさほど長くはないのに、そのプロセスを画像化すると実に多くのコマ数が必要となる。つまり、短時間のうちにとても多くのことを行っているというわけだ。退屈な画像が続くが、それこそそば打ち(笑い)

手打ちそば【角出し・2】Square-shape flattening #2

dsc03650.jpg
▲S04:麺帯をしっかりと引いてくる、地味ながら、この動作もノシに一役買っている

dsc03645.jpg
▲S05:「ベロ」を調べたとき、このようなカタチになっていれば、最初の角出しは完了
dsc03653.jpg
▲S06:さらに、天地を返してセッティング。S04と同じ動作を、数回繰り返してカタチを整える