ランチタイムの人気コース

位置皿代わりとなるのは、手ふきガラス職人の手によるもの。ひとつひとつ形が違います
位置皿代わりとなるのは、手ふきガラス職人の手によるもの。ひとつひとつ形が違います
料理はコース・アラカルトとあります。ランチのコースは前菜+メイン+自家製アイスの2.100円、前菜+スープ仕立て料理+メイン+デザートの3,150円、豪華食材を使用した4,200円のという構成。その中から、まずは一番人気の3,150円のコースをご紹介します。

・前菜:鯛とホタテ貝柱のステック仕立て グレープフルーツ風味ソース
ホタテを鯛で巻くという発想も面白い
ホタテを鯛で巻くという発想も面白い
刻んだホタテを鯛で巻き、棒状に仕立てています。両者のうまみがしっかりと絡み合う見事な采配。ライン状に引かれたソースは、グレープフルーツとビーツの2種。ビーツは、蓮芋と共にチップスとしても添えられています。一口に酸味と言っても、いろいろな酸味があるものだと再認識。後ろのグリーンサラダはセルバチコという、ピリッとした味のする野菜など。見た目・味ともに面白さもあり、コース冒頭から楽しませてくれます。

・スープ:春の新キャベツのブルーテ 白金豚のブレゼのキャベツファルシを添えて
「ブルーテ」を名乗るのに、これほど相応しい食感もないでしょう
「ブルーテ」を名乗るのに、これほど相応しい食感もないでしょう
「ブルーテ」とは、ビロードの意。ビロードのように滑らかな口あたりを持つスープに仕上げています。今回は春らしくキャベツのもの。浮かんでいるのは、白金豚のバラ肉を春キャベツで包んだファルシ。豚肉の旨みもさることながら、やはりブルーテ自体が素晴らしい。食感はもちろん滑らかなのですが、キャベツ自体の甘みをいかした味は絶品。そして、ここにも一工夫。カレースパイスをほんのわずかだけ加えることで、味にアクセントをつけて食べやすくしているのです。丁寧で、食べ手のことを本当によく考えられている料理が、この店の持ち味と言えるでしょう。

・肉料理:ホロホロ鳥のパイ包み焼き ジュ・ド・プレソース
クラシックな料理でも、ひと工夫して「リュミエール」スタイルに
クラシックな料理でも、ひと工夫して「リュミエール」スタイルに
この料理が運ばれてきた瞬間、正直、驚きを隠せませんでした。「ここまであれだけ工夫を凝らした美しい料理だったのに、メインはこんなに地味なの?」と。しかし、それは大いなる誤解。こちらにもしっかりと工夫がされているのです。写真ではわかりにくいかもしれませんが、パイ生地が極薄。

バゲット、白パンと2種類用意されるパンにも、バターではなくトマトソースが添えられます
バゲット、白パンと2種類用意されるパンにも、バターではなくトマトソースが添えられます
こちらの料理は、極力バターやクリームを使わない、ヘルシーなフレンチ。パイ包みといえば、具材をパイ生地で包むため、破れないようにどうしても生地が厚くなり、カロリーも高めになります。そこで、こちらではクレープ生地で肉を包み、その上でパイ生地に包むことで、破れにくさとパイ生地の薄さを両立させています。そのおかげで、しっかり旨みを逃がさず、またパイ生地のくどさもないので、これまで食べたパイ包み焼きの中でも、もっとも美味に仕上がっていました。もちろん、ホロホロ鳥を焼いたときに出る旨みにコクを足したソースを吸ったパイ生地も最高。トラディショナルな料理に敬意を払いながらも、シェフなりの工夫、そして食べ手のことを考えた料理です。

・デザート:赤い果実のジュレ バニラたっぷりの自家製アイスクリームを添えて
春にメニューを一新した際、お客様からのリクエストが多く、これだけは変えられなかったという、定番デザート
春にメニューを一新した際、お客様からのリクエストが多く、これだけは変えられなかったという、定番デザート
デザートは、こちらのお店の定番。ベリーやいちごなど、フルーツたっぷりにジュレを添えて酸味でさっぱりといただきます。また、特筆したいのが、このアイス。バニラビーンズをたっぷり使い、それでいてとても滑らか。これまでの丁寧な料理からも推測されるとおり、こちらもとても丁寧な仕事。さっぱりジュレ&フルーツと、濃厚アイスのコントラストが見事です!

次ページでは、春の香りをたっぷり詰め込んだディナーコースをご紹介。