神戸を代表するグランメゾン

エレベーターを降りたところ、エントランスです。この先はフランスへとつながっています。
エレベーターを降りたところ、エントランスです。この先はフランスへとつながっています。
クリスマスに向けての神戸フレンチ特集、第1回目は「ルセット」、2回目は「パトゥ」、そして第3回目となる今回は、神戸で数少ないグランメゾン、「アラン・シャペル」をご紹介します。

アラン・シャペル ― フレンチを愛する人で、この名を知らない方はいないでしょう。「厨房のレオナルド・ダ・ヴィンチ」という異名を持つ、20世紀の巨匠。2006年10月現在、世界で最も多くミシュランの星を獲得している料理人、アラン・デュカスが「最も影響を受けた料理人」と語り、日本でも「ハウステンボスホテルズ」の上柿元勝氏、「オテル・ド・ミクニ」の三國清三氏、関西では「ラ・ベカス」の渋谷圭紀氏、「パティスリー・オ・グルニエ・ドール」の西原金蔵氏などが師事し、現在のフランス料理の基礎となった料理人です。残念ながら1990年、シャペル氏は52歳の若さで急逝。しかし、今なお日本はもちろん、フランスにおいてもその影響力は計り知れません。

アラン・シャペルオリジナルの位置皿。描かれた絵は一皿一皿違います。
アラン・シャペルオリジナルの位置皿。描かれた絵は一皿一皿違います。
現在、その「アラン・シャペル」の名を冠するレストランは、南仏リヨンの郊外、ミヨネーの本店と、ここ神戸のポートピアホテルのみ。ホテルの31階フロアすべてを使い、ウェイティングはもちろん、3つの個室、サロンと、グランメゾンとして堂々たる設備を持っています。これは、プチメゾンが多く、グランメゾンが少ない神戸において、他の追随を許さない存在といえます。

次のページでは、故シャペル氏の哲学を継ぐ料理をご紹介します。