丸の内のちいさなパリ

日本のフランス料理は、ビストロと銘打っているのに高級レストランだったり、料理の盛り付けがお粗末だったり、極端に量が少なかったりすることが多い。しかしフランス、特にパリに行ってみれば、フランス人の愛する伝統的な料理を茶目っ気たっぷりのサービスと気軽な値段で腹いっぱい楽しめる店は至るところにある。我々が愛するフランス料理の原点は、そんなところにあるのではなかっただろうか? ミシュランの星があふれる東京に、そういう店は何軒あるのだろうか?


東京・丸の内にひるがえる赤い日除けがブラッスリー・オザミの目印

ひと筋の希望の光は、東京駅や有楽町駅から少し歩けば、パリにあるような雰囲気のブラッスリーにたどり着けるということだ。自転車でフランスを駆け巡ってフランスワインの虜になったという伝説をもつ丸山宏人氏。彼が率いるオザミワールドという会社が運営する店のひとつ、『ブラッスリー・オザミ』である。

ここではコーヒーやワインなどの飲物をカウンターで立ち飲みすればテーブルで飲むより安い料金が適用される。日本では稀だが、フランスのカフェと同じシステムだ。食事を楽しめるだけの面積を占有するテーブル席なのだから、飲物には高めの料金を払って然るべきという合理的な考え方である。

店内はまさに、パリのビストロそのもの

昼間はテーブルクロス無しでつややかな木のテーブルで食事できるが、ディナーの時間帯にはテーブルにぱりっとしたクロスがかかけられる。本場のブラッスリーを越えんばかりに充実したフランスらしい料理の数々を食べようという常連、そして旨そうな空気にひき込まれた客を迎えるのである。見事なまでに忠実に、フランス式ではないか。これはきっと、フランスとそのワインの魅了を伝えたいという心意気の表れだろう。

それでは、料理とワインについて見ていこう。