ガリシア地方、カスティーリャ・イ・レオン地方

アラメダ公園から見下ろしたサンティアゴ・デ・コンポステーラのカテドラル

アラメダ公園から見下ろしたサンティアゴ・デ・コンポステーラのカテドラル

パエリアやフラメンコを思い描いていれば、ここがスペイン?! と衝撃的なのが、ガリシア地方。ポルトガルと北側の国境を接する地方です。緑の芝生に牛が寝そべっているような、緑の大地と素朴な人々が待っています。

■サンティアゴ・デ・コンポステーラ
カトリック教徒のメッカ、サンティアゴ・デ・コンポステーラ。世界各国から巡礼者がこの地のカテドラルを目当てに訪れます。毎日午前中に行われるミサに参加すれば、さらに厳かな雰囲気に心が洗われるよう。

■ビゴ
ビゴの町では魚介の盛り合わせを楽しみたい

ビゴの町では魚介の盛り合わせを楽しみたい

サンティアゴ・デ・コンポステーラから電車で約2時間のところにあるビゴはヨーロッパでも有数の魚市場がある港町。ここではとにかく、新鮮で種類が豊富な魚介類をどうぞ。フェリー乗り場付近のぺスケーラ地区にはバルやシーフードレストランが集まります。名産のアルバリーニョ種の白ワインと、牡蠣や魚介の盛り合わせを存分に味わいたいところ。

 
■カスティーリャ・イ・レオン地方
王室ご用達赤ワインも生産される、カスティーリャ・イ・レオン地方のリベラ・デル・ドゥエロ

王室ご用達赤ワインも生産される、カスティーリャ・イ・レオン地方のリベラ・デル・ドゥエロ

ガリシア地方の東からマドリッド付近まで続くのが9県からなるカスティーリャ・イ・レオン地方。16~17世紀にスペイン帝国の首都として栄えたバリャドリッドの町があることから、最もきれいなスペイン語が話される地域として知られています。

古き良きスペインが詰まったカテドラルなど歴史的建築物も多い地域ですが、ワイナリー巡りにも最適。リベラ・デル・ドゥエロはスペインを代表する良質な赤ワインの産地です。 名産の羊や豚の炭焼きにパンチの効いた赤ワインを合わせれば満足まちがいなし。重厚なカテドラルが町のシンボルのブルゴスや、学問の町として知られるバリャドリッドを中心に旅のプランを立てれば、歴史的建築物にも出会えます。