ティースプーンはどこに置く?

アフタヌーンティーや、友達を招いて紅茶を入れるとき、ティースプーンをどこに置こうか、迷うことはありませんか?

ティースプーンの位置については、テーブルコーディネートの本にも詳しく触れられていないようです。そこで参考にしたいのが一流ホテルのセッティング。ここで、日本を代表する3つのホテルのアフタヌーンティーのセッティングを見て、どこにティースプーンをおけばよいかご紹介しましょう。
(取材順に掲載しています。)

帝国ホテル東京の例

ブリティッシュスタイルのアフタヌーンティーなどを提供する「インペリアルラウンジ アクア」の例。
ティースプーンはティーカップの向こう側。(ティーカップを正面にしてティーカップの後ろ)。
ティーカップの柄を見せたい場合や、ティースプーンをさりげなく配置したい場合など、ティースプーンがティーカップの後ろに置かれるようです。


ホテルオークラ東京の例

日本の伝統建築様式に包まれ落ち着いた空間の「オーキッドルーム」で提供されるスタイル。
ティースプーンはティーカップのハンドルの下に。
これは伝統的に伝わるオークラスタイルとして定着しているもの。


ホテルニューオータニの例

広大な日本庭園を望むことのできる「ガーデンラウンジ」の例。
ティースプーンはティーカップの手前。
日本では最も一般的にみられるのがこのスタイル。
同ホテルによると、「ご利用いただくお客さまの手前にセットすることが、自然な動作の中でストレスなくご利用いただけると考え、各レストラン、宴会場全てにおいて統一しております」とのこと。

ご覧の通り、ティースプーンには決まった置き場というのが存在していないのです。紅茶を提供する側の取り決めにより、また、紅茶を飲む人の使いやすさを考えたうえで、ティースプーンの置き場を定めるのがよさそうです。
そして、使い終わったティースプーンはカップの向こう側に。

お皿とティーカップの置き方例

ティーカップのハンドルは基本的に右に向けておきます。ナプキンはプレート上かフォークの横に
使う人の正面にデザート用プレート、その右にナイフ(歯先は内側向き)、プレートの左にフォーク(使う必要がある場合)を置きます。ティーカップ&ソーサーは、プレートの右斜め上、あるいはデザート用のプレートの右横に置きます。紅茶はホテルなどではサーブしてもらえますが、自宅などでは招待者自ら紅茶を入れることになります。最初からティーカップ&ソーサーをセッティングするかどうか、紅茶を入れた後にゲストの間で回してもらうかなど、テーブルのサイズ・形、紅茶に集まる人数、ティーのスタイルとともに考えてみる必要がありますね。

また、ティースプーンは、ナイフの横に置く方法もあります。ただ、この場合は、これがティースプーンだと認識されにくく、ゲストをむしろ戸惑わせてしまうことになる可能性もありそうです。しかし、紅茶は、近年の健康志向の影響や、スイーツと一緒にいただく場合など、砂糖やミルクを入れずに飲むことも少なくないようで、ティースプーンが使われないままの場合もあります。その場合、むしろティースプーンがソーサーの上に置かれていないほうが扱いやすいのかもしれませんね。


■協力
帝国ホテル東京
ホテルオークラ東京
ホテルニューオータニ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。