ルピシア自由が丘本店の1階ティーショップに続いて、2階のティーサロンをご紹介いたします。

お茶の博物館風のサロン


美しい茶道具を眺めながら食事ができる席。

お茶の博物館をイメージして作られた2階のティーサロン。アンティークの茶道具から現代の茶道具までがいたるところに展示されています。特にサロンの一角には二面の壁いっぱいにティーポット、カップ、茶缶などが並びます。
また、1階から延びてくる大きな窓が店内の白い壁をいっそう白く引き立てているスペース、そしてサロンスタッフがお茶を用意する様子がよく見えるカウンター席もあり、利用するたびに違う席で違った気分でお茶ができそうです。


1階 ティーショップで扱うすべてのお茶がサロンでもオーダー可能


幅広のカウンターで読み物をしながらのティータイムを楽しむ人の姿もあります。
お食事メニューは日替わり。ランチタイムのみならず、営業時間内(ラストオーダーの時間まで)いつでも注文できます。

3段の曲げわっぱに世界の多彩なお菓子が詰まったルピシア流アフタヌーンティーは「アミューズ ブッシュ バリエ」(2,800円)。キッシュ、スコーン、ケーキ数種、和菓子、中華菓子など。日替わりです。お茶は季節に合わせて選ばれた紅茶や緑茶などのなかから選びます。ホットでもアイスでも良く、丁寧にカップやグラスに入れられて出されます。お茶はおかわりOK。

サロンおすすめのお茶とスイーツ


「紅子(べにこ)」はアッサム紅茶、インドネシア紅茶、ニルギリ紅茶のブレンドをベースにハイビスカスとローズヒップを加えてアセロラの香り付け。
秋の気配を感じてきたとはいえ、まだ暑い日もあるでしょうから、アセロラの香りをつけたハイビスカスとローズヒップの紅茶「紅子(べにこ)」などはビタミンCも取れておすすめです。

スイーツのメニューには宇治田原 あさひを使用した抹茶シュークリームや抹茶ロールは自由が丘本店限定も。焼きたてスコーンには十勝しんむら牧場のクロテッドクリームが添えられます。


宇治田原 あさひを使用した抹茶シュークリーム 480円。(写真右)や抹茶ロール550円。(写真左)
メニューには自由が丘本店 特選のお茶とオープンに合わせて発売された限定のお茶、さらにルピシアで扱う多数のお茶の中から選ばれたお茶がメニューに載っています。もしメニューに載せられていないお茶でも1階ティーショップで扱うすべてのお茶が注文ができるのも魅力ですね。

時候の良いときには


屋上のテラス席。
屋上には天候によって開放されるテラス席。フェンスには芝生をプランター代わりに使用して、まだ若々しい木々を植栽しています。緑のテントの下でさわやかなティータイムを楽しむことができそうですね。


子育てママにも利用しやすく


子ども連れでも利用しやすいようにエレベーターは広めのものを設置。お手洗いにはナッピーチェンジの台もあります。一部の席ではベビーカーもテーブル脇において置けるので子育てママにはとても助かりますね。

■ルピシア自由が丘本店
東京都目黒区自由が丘1-25-17
Tel: 03-5731-7371(2階ティーサロン)
Open:10:30~21:00(ラストオーダー 20:30)

■関連リンク:">ルピシア自由が丘本店 情報
■協力:世界のお茶専門店 ルピシア