ティサネリア銀座
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局で作られるハーブで癒されるティー・サロン


イタリア、フィレンツェにある世界最古の薬局、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局。そこで伝統的なレシピを用いて手間ひまかけて作られるのは、癒しの思想を基に自然のままに栽培されるハーブのお茶です。自然治癒力を高める処方で800年前から現在に至るまでイタリアや世界の人々から支持され続けています。
ギンザ・コマツ3階のティーサロン。ハニーやハーブリキュールなども販売。


席についてまず運ばれてくるのは心と体の疲れに効くといわれるレモンバーベナのハーブ水。すっきりさっぱりとした味。
ティサネリア銀座はサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局のハーブなどを用いて香りと薬効で癒しや健康維持を提案するティーサロン。銀座中央通り、松坂屋の向かい側にあるギンザ・コマツビル3階にあります。「ティサネリア」とはハーブやティーを含め、煎じて飲むお茶を消費する場、また販売する場所という意味。フィレンツェ郊外に広がる丘で育てられるハーブを原料とし、伝統的なレシピを用いて作られた製品は、外見的な美しさだけでなく、健康的で活力に満ちた真に美しい女性へと導いてくれそうです。

冬期限定から定番メニューへ
美しさへの一杯 「テ・ラッテ・ディ・ローザ」


ダマスクローズのつぼみが浮かんだテ・ラッテ・ディ・ローザ。砂糖でほんのり甘みが加えられています。麦飯石のティーカップでまろやかな味に。
美しさへの一杯として特に注目したのは「テ・ラッテ・ディ・ローザ」。冬期限定だったハーブティーブレンドでしたが好評につき、ティサネリアの定番メニューになりました。

インドのアッサム茶に、ダマスクローズのつぼみと花びら、カモミール、リコリス、エルダーフラワーをブレンド。紅茶の茶葉は全体の半量ほどでしょうか。ハーブがたっぷりブレンドされています。
ローズとカモミールは肌を保湿、美肌効果を高めてくれる、リコリスは喉の炎症に効果的、エルダーフラワーは肌の抗酸化作用を高め代謝を促してくれることが期待されます。