パンとおかし グルヌイユ 冬の限定セット

グルヌイユのパンに出合ったのは、吉祥寺の材木屋さんで開かれた小さなマーケットでした。夕食のパンも買いたくなって同じ日に再来店しました。合わせたいものが思い浮かぶことはいつも、わたしがパンを買う大事な理由となります。

グルヌイユは 粉と水、自家製ぶどう酵母種、天日塩だけのシンプルな生地に、オーガニックのドライフルーツや木の実を混ぜて焼いた、素朴なパンとお菓子のお店です。

調理師学校を卒業後約7年、自然派のベーカリーでパンを焼いた金光紀江さんが、現在お菓子と販売を担当している友人の渡辺江里子さんを誘い、イベント出店から始めて東京郊外、高尾の先で店を開いたのは5年前でした。

「グルヌイユ」とは、金光さんの好きな「カエル」をパンの国フランスの言葉で店名にしたもの。工房の近くに「もりあおがえるの道」という場所もあるそうです。

さて、そのグルヌイユでAll About読者のために限定セットをつくっていただきました。

All About読者限定2009冬のセット・ギフト箱入り 3500円(税込 送料別)
左下から時計回りに、フランスパン(大)、なつめやしパン(中)、ぶどう柚子くるみ (中)、ガトーショコラ(直径12cm)、全粒粉スコン(プレーン・甘夏ピール)各3個。右端はおまけ。クッキー3種の内容はお楽しみ。

セットのパンとお菓子の説明をいたしましょう。

グルヌイユのフランスパンとフルーツのパン

パンはお店からのおすすめの三点。

フランスパン
なつめやしパン(左)、ぶどう柚子くるみ(右)

金光さんが一番好きなフランスパンは有機ライ麦粉を15%使用したプレーンなパン。「コンテと一緒に食べるのが好きですが、青カビ系のチーズにも合います。甘くして食べたいときは、蜂蜜を塗ってトーストした上にレモン汁をたっぷり搾ります。甘酸っぱさがたまらなくおいしいのです」と金光さん。

渡辺さんが好きなのは「なつめやしパン」。なつめやしの中でも特に味がいいと言われるマジョール種を練り混んであります。バターを塗ってトーストすると、なつめはキャラメルのような甘味になるそうです。

今の季節だけの「ぶどう柚子くるみ」は柚子がさわやかに香りたちます。無農薬の柚子を甜菜糖で煮込んだ自家製ピール入りです。

すべて国産小麦粉、国産全粒粉を使い、自家製ぶどう酵母種で焼かれています。少人数の家庭でも、おいしいうちに食べきれるサイズです。

グルヌイユのおかし

全粒粉の香ばしさとほのかな甘味のあるスコンは、サクサクの層がおいしい型抜きタイプ。国産小麦粉、国産全粒粉、発酵バター、洗双糖、塩、牛乳、ベーキングパウダー(アルミニウム不使用)で作られています。甘夏ピールも自家製です。

全粒粉スコン(プレーン・甘夏ピール)
ガトーショコラ

ガトーショコラは、フランス産オーガニックチョコレート(カカオ分70%)を使用。コーヒーやミルクばかりでなく、ワインとも愉しめる、上質で濃厚なチョコレートケーキです。

以上におまけでおからきなこクッキーやにんじんクッキー、オートミールクッキーなどナチュラル系のクッキーが3種類つきます。内容はおまかせで、届くときのお楽しみです。

おまけのクッキー3種(おまかせ)
ギフトボックス

注文のしかた

購入希望の方はグルヌイユのお買い物ページをご覧ください。 この特別セットは、12月15日から作動するカートでの受付になりますので、ご注意ください。発送日は22日から25日です。申し込み多数の場合、売切れとなりますが、次回の受付は12月29日からで、1月15日以降の営業日に 1日5セットの発送が可能ということです。

金光さんからのメッセージです。

「山奥の小さな工房で、ショーケースを開ける度に、いい匂~い!とつぶやいてしまいます。このパンの香りと、国産小麦粉の噛みごたえのある食感とおいしさをお届けできたらうれしいです」

■パンとおかし グルヌイユ

所在地:東京都八王子市下恩方町215

電話:090-2753-2018

営業時間:金土日の昼~夕方まで。
イベント出店で不定休になるのでお出かけの際はサイトや電話での確認をおすすめします。

高尾駅北口よりバス「恩方車庫」下車5分
地図:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。