日々を愉しむレシピブック

書籍 『日々のパン手帖 パンを愉しむsomething good』を出版しました。
パンを愉しむちょっとしたアイデアの本です。

この記事で、内容を少しご紹介します。



食パン、フランスパン、ライ麦粉や全粒粉のパン。こういうプレーンなパンにあわせるのは、チーズやハチミツ、豆や野菜のちょっといいもの、日々のスローでクイックな料理。パンを美味しく食べるためのレシピはどれもシンプルです。



日々のパン(本文より抜粋)

日々のパン

初めてのパンは最初、そのままでひとくち、
次にバターをつけて味わってみる。
しばらくは、パンとバターでみずいらずの蜜月。

そのパンの性質、風味や食感、焼き加減などを把握したら
あとはそのときどきで「なにかいいもの」をプラスすればいい。
ベースに美味しいパンがあればいつも、いつまでも
幸福な食事をかさねていくことができる。

パン職人の多くが目指す先に、毎日のように繰り返し
飽くことなく食べてもらえるパン、というのがある。
シンプルであればあるほど素材も仕事もごまかしがきかない
そのパンは、職人人生をかけてつくりあげていくものだ。

そんなパンに出合えたら、心して食べよう。
この国のパン食の歴史はまだ浅く、わたしたちは
その最先端にいるのだ。




日々のパン手帖

日々のパン手帖 パンを愉しむsomething good  

出版社メディアファクトリー
定価1200円+税
発行日2007年5月
著者清水美穂子(文・本文写真)

全国の書店、オンライン書店Amazonセブンアンドワイbk1などで発売中。

こちらでもご紹介 しています。



次のページでは本の目次をご紹介します。