チャーシューうどん 蓮見調理例


うどんは素材的に癖がないのでいろいろな食材と組みあわせることができます。イタリアンのパスタの代わりに使ったりと応用範囲が広いのでメニューを考えるのがとても楽しいものです。

今回は豚肩ロースで和風チャーシューを作って組み合わせてみましょう。チャーシューというよりも煮豚に近いでしょうか。お酒のつまみやラーメンの具としても重宝します。

【材料】4人前

豚肩ロースブロック 700グラム
玉子4個
濃い口醤油200cc
みりん50cc
昆布10センチ*5センチ 1枚
水1リットル
長ネギ1本
ショウガ 1片
にんにく 1片
塩 少々
コショウ 少々
サラダオイル少々
タコ糸
うどん 4人前
かけだし 4人前


【作り方】



●昆布を2センチ*5センチ幅程度の短冊に切り鍋の水に入れておきます。

●肩ロースに塩コショウをすり込んでタコ糸で縛り整形しておきます。



●フライパンにサラダオイルを少量入れて肉の表面を軽く焼きます。



●鍋の昆布ダシに醤油、みりん、日本酒を入れて煮立ったら肉を入れます。
長ネギは2つか3つに切って、ショウガはスライスして入れます。にんにくひとかけらほど入れます。昆布は取り出してもよいし取り出さなくてもよいです。取り出さないと最後に豚と醤油味がしみたなんともいえない佃煮のようなものになります。利尻昆布でも柔らかくなります。



●アルミ箔で落し蓋を作って40分程度煮るとできあがります。
後はツユの中で冷ますと味がしみ込みます。
余裕があれば汁ごと冷蔵庫で寝かすと切りやすくなります。



●玉子をゆでておいてこの煮汁に入れておくだけで味付け玉子になります。
これもお楽しみ。



(写真は別の鍋で仕込んだバラ肉のチャーシューに入れた味玉)

肉は冷めたら薄切りにしてかけうどんに載せていただきます。
ちっと多めにすりおろしたショウガが薬味に最適です。

見た目よりもずっとさっぱりとしたうどんになります。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。