溜池山王
小さくまとまった店内は淡いトーンの色合い

小さなダイニングから感じる余裕

11月23日(祝)。午前中三軒茶屋での仕事を終えて赤坂のオフィスへ向かう。赤坂駅に着いたのは11時半頃か。どこかで昼飯でも思って浮かんだのが今回の仏蘭西厨房かえりやまだ。千代田線赤坂駅から溜池山王近辺はフランス料理店が非常に多いエリアだ。シュマンコム・ア・ラ・ メゾン、オステルリー・スズキ、ホワイエなど等。かつてガイド記事で取り上げさせていただいたところも多いが、肝心要のレストランが抜けていたことに気がついた。

赤坂寄りの溜池エリアは一つ路地を入ると塗り壁の料亭が未だ軒を連ねる。昼間は必ず渋滞する通りに面するビルの二階に「かえりやま」があるのだが、そのロケーションは比較的わかりやすいだろう。それは幸か不幸にも近年闇雲に増殖しているジンギスカン屋さんが目印となる一階にあるから。

話はそれるが、切って焼かせるだけのジンギスカンに目をつけたビジネスが東京中を席巻していて、それはもう北海道出身者から見たらまるでいかがなものかと首を傾げたくなるものばかり。永く店を続ける意思など感じられない店舗にはビジネスの一瞬的繁栄はあっても食文化とはまったく無縁の世界が存在している。かつてのモツ鍋ブームの二の舞になることはまったくもって明白だ。

さて、そのビルの二階に小さくはためく仏蘭西国旗。22席ほどの小さな空間は全席埋まるときっと窮屈さを感じるかも知れない。しかし最近リニューアルしたせいか壁も床も新しく、席に着くと意外に新鮮な余裕というか落ち着きを感じる。