今こそメーカーとお店が協力するタイミング

モンハンPを遊ぶ高校生の図
もしPSPのユーザーを取り込むことができると、モンハンシリーズだけでなく、Wiiというハードのマーケット全体に大きな影響があります。(イラスト 橋本モチチ
というわけでお店によっては、売れたのに売れてない? という極めて微妙な状況なのですが、バッチリ売れました! という所もあります。どこでしょう? 販売元のカプコンですね。初期出荷が100万本だったということは、その後実売で60万本であろうが、70万本であろうが、カプコンは100万本の利益をガッチリ確保していますし、市場に残った在庫の心配もする必要がありません。

しかし、今あえて、カプコンはこの市場に残った在庫のことを考えるべきではないか、とガイドは思います。というより、これはもしかしてチャンスなのかもしれません。今モンハン3を余らせてしまっているお店があるとしたら、そのお店の人達は売りたくてしかたがないはずです。そう、今が1番お店のモンハン3売りたい熱が高まっているのです。予約を取っていた時よりも、発売日よりも、今です!

発売2日で前作の累計と同等の売上げが立ったということは、PS2の頃からのユーザーで、Wiiでも遊ぼうというコアなファンにはかなり行き渡っているでしょう。ここから先は、PSPで遊んでいるけど据え置きでオンライン接続はしてないモンハンPのユーザーや、Wiiを持っているけどモンハンはしたことないユーザーなど、据え置きのモンハンにとっての新規層を取り込んでいく必要があります。

モンハン3というゲームは、モンハンPシリーズのネームバリューで売れていくように思われがちですが、ゲームの中身からすると、本来は売るのがなかなかメンドウな商品でもあります。操作は複雑で、アクションの難易度は高く、しかもオンラインに接続しなくてはいけません。初心者を呼び込むにはそれなりの努力が必要です。

このタイミングであれば、お店が普段は忙しくてなかなかできないことでも、モンハン3を売るためにきっと労を惜しみません。半額以下でばら撒くより前に、まだできることをしなくちゃと考えるお店はきっとあります。ここで新しいユーザーを取り込むべくフォローが入るかどうかは、据え置きのモンハンシリーズの今後に大きな影響があるでしょう。

しかし、このチャンスは長くは続きません。既に大きく値下げをして売りさばいたお店があることはお話した通りですから。同じ売れるのでもユーザーに面白さや魅力をアピールして売上げを伸ばすのと、小売が利益を削って投売りして、次に据え置きでモンハンが出た時には仕入れを絞ろうと心に誓って売れるのでは、雲泥の差があります。

モンハンシリーズに限らず、数十万ものファンがいるシリーズは、ゲーム業界にとっては宝物です。大事にしなくてはいけません。メーカーも、お店もです。ピンチの時こそチャンスですから、雨降って地固まりますから、力を合わせるなら今! ではないでしょうか。

【関連記事】
モンハンが到達した、任天堂のいない場所(AllAboutゲーム業界ニュース)
オンラインの醍醐味は皆で食事をする楽しさ(AllAboutゲーム業界ニュース)
誰かゲームをオンラインに接続してください(AllAboutゲーム業界ニュース)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。