戦っても戦わなくてもいいモンスター

逃げるメタルスライムの図
シンボルエンカウントになったので、今回はトヘロスの呪文がありません。プレイヤーが強くなると、逆にモンスターが逃げていく場面も。
今回、モンスターとの戦闘の仕組みが大きく変わりました。ゲーム業界の言葉で言うと、ランダムエンカウントから、シンボルエンカウントになりました。エンカウントとは、遭遇するという意味の和製英語。ランダムエンカウントはプレイヤーが歩いているとランダムに敵と遭遇する方式。従来のドラゴンクエスト(以下ドラクエ)ですね。シンボルエンカウントはマップ上に敵キャラクターが配置されていて、接触すると戦闘になる方式。ドラクエ9ではこのシンボルエンカウント方式が採用されています。

ランダムエンカウントからシンボルエンカウントなると、敵と戦うか、戦わないか、どんな敵と戦うか、そういったことをプレイヤーがかなり選択できるようになります。そしてここにまた、ポイントがあります。先ほどお話したキャラクターメイキングと同じで、より効率的なプレイをしていくと、実に味気ないものになります。

キャラクターのレベルアップは経験値の大きいメタルスライムやはぐれメタルスライムとの戦闘ですませ、後はフィールドでも、ダンジョンでも、徹底的に敵キャラクターを避けていく。そういうゲームの仕組みを上手く使ったプレイをすると、例えばダンジョンでも敵と戦いながら進んでいくサバイバルではなく、ただの迷路になってしまいます。

クエストと宝の地図

DSステーションの図
ゲーム中にも遊びきれないほどのクエストがありますが、さらにオンラインで毎週新しいクエストが配信されます
ドラクエ9には、本編クリアとは関係のない要素がたくさんあります。敵を倒したり、アイテムを持ってくるなど、様々な条件をクリアして報酬を貰うクエスト。地図を元にダンジョンを発見し、最奥にいるボスを攻略しレアアイテムを探す宝の地図。

どちらも、攻略しても本編クリアとはあまり関係のない場合がほとんどです。そして、両方ともやってもやっても終わらないぐらいに大量にあります。ここで3つめのポイントです。ユーザーがこの両方について丁寧に攻略していくと、いつまでたっても終わりません。逆に、無視をしてもゲームクリアには差し支えないので、効率よくプレイしていく人にとっては存在にあまり意味もないものです。

攻略しようとしても、あまりに多すぎて終わらないし、完全に無視しても問題がない。では、なんでクエストや宝の地図なんてものがあるのか、何が面白いのかよく分からない、というプレイヤーがいるんですね。

この3つのポイントから、ドラクエ9をつまらなくプレイする方法、そしてせっかくですから、楽しくプレイする方法についても、お話していきます。